『ご注文はうさぎですか?』のチノの魅力を語ってみた

ラビットハウスの日常を描いたKoiさんの4コマ漫画『ご注文はうさぎですか?』は、『まんがタイムきららMAX』で連載されて人気を博している漫画です。
ご注文はうさぎですか? <出典:www.animate.tv>

アニメ化もされるほどの人気作。2015年、テレビアニメ第2期が放送され、ふたたび「ごちうさ難民」が急増しています。
たくさんの可愛いキャラが登場する中でも、ラビットハウスで働くチノが可愛すぎるという評判がアッと言う間に広まって、チノに萌えるファンが続出中です。

そんな『ご注文はうさぎですか?』のストーリーと、チノの魅力を語ってみたいと思います。

 

■ネタバレしない範囲で、『ご注文はうさぎですか?』のストーリーご紹介




高校入学をきっかけに引っ越してきたココアが、下宿先を探している途中でラビットハウスというカフェと出会い、そこで働く小さな少女チノとティッピーというモフモフとしたうさぎと出会うことから物語が始まります。
ご注文はうさぎですか ココア <出典:virgo-cat321.hatenablog.com>

ラビットハウスが下宿先だとわかったココアは下宿させてもらう代わりにラビットハウスで働くことになり、さらにチノの姉になります(自称)。

メインキャラの通っている学校や働いている喫茶店などそれぞれが異なりますが、ラビットハウスを中心にそれぞれの交流が生まれています。そんなシチュエーションでの日常の出来事が描かれています。

なお、原作ではココアがすでにラビットハウスで働いている設定で描かれているのに対してアニメの方ではココアが下宿先を探すところから話が始まっており、ココアがラビットハウスで働く経緯、そしてチノの姉となるところが描かれているため原作ファンもアニメをより楽しめるようになっています

 

■性格はうさぎそのものなチノ、そこが萌える!


ラビットハウスで将来バリスタになることを夢見てお給仕をしている中学2年生の小さな少女、それがチノです。
チノ <出典:www.gochiusa.com>

モフモフとしたアンゴラうさぎのティッピーを常に頭に乗せています。このモフモフのティッピー、実はラビットハウスのオーナーであるチノの祖父なので、女の子に抱かれたりすると困った様子を見せることも。チノとチノの父以外の人とはほとんど話しませんが、ココアなどと話している時はチノが腹話術ということにしています。

chino
<出典:www.youtube.com>

チノ自身も人見知りで、祖父や父親以外とはあまり話さず、チェスやボトルシップ、パズルなど一人遊びが多く、最初はココアに戸惑っていましたが、いつの間にかココアを姉として認めはじめ、ココアがカフェで一緒に働くリゼやクラスメイトの千夜と仲良くしている姿に嫉妬したり、ココアが自分から離れることを寂しがります。

そんな性格はまさにうさぎそのもの、なかなか素直になれないチノを思わず抱きしめたい!ときゅんきゅんするファンが絶えません。

チノの引っ込み思案はちょっと心配なところですが、数少ないながらマヤとメグという仲が良いクラスメイトがいます。そんな三人からなるチマメ隊も人気で、1期2期ともに三人が歌うエンディング曲はあまりの可愛さに頭を抱え込むファンでSNSが盛り上がっています。
chimame
<出典:www.youtube.com>

もちろんチノの他にも可愛い登場人物がたくさんでてきますが、どうしても目が行ってしまうチノ。
これからもチノに萌えるファンに支えられて一流のバリスタを目指してもらいましょう♪

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!