祝・2チャンネル開催!アツい大人の魅力!浪川大輔と吉野裕行のUncle Bomb

男性声優の音楽をはじめとしたエンタメ活動レーベルKiramune(キラミューン)に所属する浪川大輔さんと吉野裕行さんによって2014年に結成されたユニットが「Uncle Bomb(アンクルボム)」です。


ユニットが結成されてからまだ日は浅いですが、そんなことを感じさせないくらいの仲の良さが魅力の二人。

今回はそんな二人のアツい仲良しエピソードをご紹介します!

気付けば会ってる!?普段から仲良しな二人



元々年齢も近く声優仲間ではあった二人ですが、Uncle Bombを結成してからさらにグッと距離が縮まった浪川さんと吉野さん。

二人はプライベートでもよく会っているようで、気付けば「昨日も会ったよね」「一昨日も会ったよ!」なんてことも。浪川さんは、雑誌の取材でプライベートでご飯をよく食べに行く声優仲間を問われた際に、あまりに吉野さんとよくご飯を食べているので気まずくなり、思わず違う人の名前を出したんだとか。ようやくあまりにも二人で会いすぎていると気づいた浪川さんと吉野さんは「気持ち悪いね!」と笑っていました。

ご飯を食べに行くほかにも、サッカー好きな吉野さんは時々フットサルをする際に浪川さんを誘っているそう。吉野さんいわく、元々ハンドボールをやっていて運動神経も抜群な浪川さんのプレーはとてもかっこいいようです。仕事以外でも会って全力で遊ぶ二人の姿は少年のようで、想像するだけで可愛いですよね!



また、LINEでもしょっちゅう他愛もないことで会話しているという浪川さんと吉野さん。Kiramuneのイベントなどでは浪川さんが周りからいじられることでよく喋り、それを吉野さんが見守る姿がよく見られますが、意外にもLINEでの二人はイメージとは真逆。

吉野さんいわく浪川さんのLINEの返事はとても淡白で、顔文字絵文字なしのそっけない返事が多いそう。反対に吉野さんのLINEの返事は基本的に長文でかわいい感じなんだとか。

いつもくだらないことしか喋っていないという二人の最近の会話は、吉野さんが何の前触れもなく突然「大輔、靴のサイズ何センチ?」と聞いたというもの。本人たちもなぜこのような会話になったのかわからないと笑っていましたが、浪川さんと吉野さんの普段の関係性は仕事仲間というよりは普通の友達のようなもっと距離感が近いものなのかもしれません。



浪川大輔と吉野裕行と時々ギター


吉野裕行 ギター <出典:http://kiramune.jp/staff/?p=6090>

吉野さんが最近積極的に練習しているのがギターです。このギター、実は吉野さんの誕生日に浪川さんがプレゼントしたもの。吉野さんは2014年にプレゼントしてもらったこのギターを手に陰でこっそりと練習し、今ではだいぶ演奏できるように。

浪川さんは楽屋で吉野さんがギターを弾いているとやって来て、時々自分の大好きなプリンセスプリンセスの『M』を弾いてくれと頼んで弾いてもらうそうです。




感動のサプライズ!吉野さんが浪川さんに送ったプレゼントとは


MG_1374-200x300
<出典:http://kiramune.jp/staff/?p=6843>

結成から2年、「おじさんたちと一緒に楽しいことを!」という浪川さんと吉野さんの気持ちがいっぱい詰まったUncle Bomb初めてのイベント「1チャンネル」が2016年4月に開催されました。

4月2日の公演の当日はなんと浪川大輔さんの戸籍上の誕生日(本当は3月29日生まれ)!この日は浪川さんのためにバースデーケーキも用意され、会場全体で浪川さんをお祝い。ここまでは浪川さんも予め知っていた段取りだったようです。しかし、浪川さんへのバースデープレゼントはここで終わらなかった!

衣装替えのために一度舞台からはけたUncle Bombの二人。先に戻ってきたのは吉野さん。吉野さんは浪川さんを褒めちぎりながらいそいそとギターの準備を始めます。そこに戻ってきた浪川さんは思わずキョトン顔に。



「手ぶらで来ちゃったけど、お誕生日をどうしてもお祝いしたくて…」と言う吉野さん。

「僕からは一曲送らせてください!拙いギターですが、あなたの好きな曲を…!歌える人は一緒に歌ってください!」と言って、弾き語りを始めたのは浪川さんがファンのことを想って初めて自分で作詞を行った曲『なりたいありたい』。歌はところどころ今日のために歌詞がアレンジされ、吉野さんが「大輔!」と熱く語りかけます。

突然すぎる展開に浪川さんは驚きつつも、真剣に吉野さんの歌声に耳を傾け、感極まっていた様子。かっこ良すぎる吉野さんのサプライズに、とっさに浪川さんが出した一言は「結婚して下さい!!!」その後には「うれしい!!!そして俺より歌が上手い!(笑)」とツッコんで会場を笑わせました。

また、「俺がファンのみんなに向けた歌なのに、まさか自分に向けて歌われるとは…」と感動しながらもまだ驚きを隠せない浪川さんに、「自分が人に向けた想いは、ちゃんと自分にも返ってくるんだよ」と吉野さんがあたたかい言葉で返す場面も。

この日のために三ヶ月練習して弾き語りに臨んだという吉野さんの粋なサプライズに会場にいた全員が幸せな気持ちになり、Uncle Bomb初めてのイベント「1チャンネル」は最高のイベントとなったようです。



浪川大輔・吉野裕行は現実でも最強で最高の相棒



浪川さんとUncle Bombを組んで大変だったことはあるか、と以前問われた際に、「大変なこともあるけど、それ以上にUncle Bombで浪川くんと一緒にいて楽しいという気持ちが勝る!」と答えた吉野さん。

1チャンネルでも「歳取ってくると、素直に謝ったり頭下げたりとかできなくなってくることあるじゃない、でもあの人(浪川)がいると不思議と素直になれる、なんか大丈夫ってなっちゃう」とも答えていました。

高校バレーをテーマにしたTVアニメ「ハイキュー!!」では主人公に立ちはだかるライバル校のエースと、それを支えるセッターの役を務め、まさしく相棒同士だった吉野さんと浪川さん。この最強で最高の相棒という関係はUncle Bombでも変わらないようです。

音楽活動に対してストイックであり前向き、そして見つめている先が同じだと周りから言われる浪川大輔さんと吉野裕行さん。二人の絶妙なバランスの上に成り立つUncle Bombのイベントでは、そんな二人の人柄を表すようにいつもあたたかい雰囲気が漂います。

これからも、そんなUncle Bombの二人を応援していきましょう!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!