トレタメ記事内画像について


13,086 views

話題のアニメ主題歌を担当!PENGUIN RESEARCHの魅力とkemuとの関係は?

アニメ「デュラララ !!×2 結」のEDテーマ『ジョーカーに宜しく』でメジャーデビューし、一躍話題の中心となった5人組ロックバンド・PENGUIN RESEARCH。

メジャーデビューから1年足らずで、リリースした3枚すべてのシングルがアニメタイアップとなり、2016年下半期も更に勢いの増す彼ですが、元々は個々で活動していたメンバーがPENGUIN RESEARCHを結成したきっかけや楽曲の魅力、そして巷で噂される人気ボカロP「kemu」との関係まで。

トレタメスタッフもイチ押しの今年、最注目バンド!

PENGUIN RESEARCHの魅力

にとことん迫っていきましょう。

逸材すぎるメンバー!バンド結成のきっかけとは?


PENGUIN RESEARCH 出典:©ultra Ceep Inc. PENGUIN RESEARCHのオフィシャルサイト より

PENGUIN RESEARCHは、もともと作編曲家として活動していた堀江晶太さん(B)を中心に結成されました。

LiSAや茅原実里などのアニソンアーティストを中心に楽曲提供を行っていた堀江さんは、本人曰く根っからの引きこもり体質で1人で楽曲を作るのが性に合っていたそう。

ですが自身が楽曲提供したアーティストのライブへ観に行った際に、ステージで歌うアーティストとオーディエンスが同じ空間を共有し、一緒に騒いだり感動したりする光景を目の当たりにし、いつか自分もそういう経験をしてみたいと思い始めました。

そんな時に見つけたのが、自身の作った曲を歌ってインターネットに投稿していた生田鷹司さん(Vo)。

実は、以前に一度だけ一緒にバンドをやったことのあった2人は不思議な縁を感じ、PENGUIN RESEARCHとしての活動の一歩を踏み出しました。

その後、インターネットへの演奏動画の投稿や多くのバンド活動で実力を発揮していた神田ジョンさん(G)が加入。

堀江さんが楽曲を提供していたベイビーレイズJAPANのドラムも担当していた新保恵大(Dr)さん、そして同じく堀江さんが編曲を務めたLiSAをはじめアニソン系のキーボードを多く担当していた柴崎洋輔さん(Key)が加入しました。

改めてメンバーを見てみると堀江さんを中心に集まったのは実力者揃いのメンバーたち。

しかし最初はバンドというより音楽集団といった方が近く、最初の練習では関係者の方に「素人のボーカルと、サポートのおじさんたちみたい」なんて言われたそうです。

そんな彼らは初めてのワンマンライブを通して全員がようやく「バンド」になったという実感を持てたと語ります。

クリエイターからアーティスト、そしてバンドとして成長し続けるの彼らの可能性にまだまだ期待できますね!


1 2 3

この記事をみんなにシェアする

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

邦楽ロックの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!