ピース又吉の初の小説『火花』は、生まれるべくして生まれた新時代の純文学

お笑い芸人「ピース」又吉直樹さんが、今年3月に刊行した初の小説『火花』がベストセラーとなり、話題を呼んでいます。販売数が既に30万部を超えたとも言われていますが、次々と活動の場を広げる多才な又吉さんは、今後新たに作家としての実力も築き上げていくのでしょうか。

又吉直樹・純文学 <出典:http://www.minp-matome.jp/pub/dce5a23b29cb4db18fef159e9df993bf>

自身を投影したかのような『火花』は読者の心に迫る小説

『火花』の初出は1月に発売された文芸誌『文学界』ですが、このときも創刊以来の増刷が大きな話題となりました。主人公は、又吉さん自身を投影したかのような、若手お笑い芸人の男性で、破天荒な先輩芸人神谷との語らいの中で、彼は考え、悩み、学びながら生きていきます。

芸能人が書いた小説がヒットすることはこれまでにもありましたが、又吉さんの小説に対する評価は、いわゆるタレント本とは一線を画しているようです。『火花』を書いた又吉さんの背景には何があるのでしょうか。

又吉直樹・火花 <出典:http://nextbreak.hajimeteyukun.co/hibana-imi/>



文筆家としての感性の鋭さに、多くのファンも心待ちしていた小説


又吉さんは子どものころからサッカーが得意で、高校は強豪校に進み、インターハイに出場するほどの実力があったそうです。その一方で思春期のころから読書を趣味とし、『人間失格』を書いた太宰治や芥川龍之介をはじめとする純文学に傾倒していました。これまでに読んだ本の冊数は2000冊を超えるそうです。

こうした読書としての一面が、お笑い芸人とはまた違うスタンスでの又吉さんの新たな活動を生み出していくこととなったのです。又吉さんは自身でもペンを握り、文筆活動にも才能を開花させていきました。

又吉直樹・本 <出典:http://matome.naver.jp/odai/2142047509436493301>




お笑いライブの傍ら、読書家としての素顔を見せていた又吉

文筆家として又吉さんが注目を集めるようになったのは、2011年に刊行された『第2図書係補佐』でしょう。
これは、もともと吉本の若手芸人ライブの観客に配られたフリーペーパーに連載されていたもので、又吉さんが毎回自身の経験を描くエッセイ形式で、1作ずつおススメの小説を紹介するブックリストになっています。

又吉さん本人は、ふだん本を読まない若い人たちが気軽に読書に入っていけるようにとの願いで書いたということですが、そのレベルの高さと感性の鋭さは文芸評論家をもうならせるものでした。




新人小説家として今年の文学賞レースにも期待がかかる

多くのファンの期待のもとに満を持して出された『火花』は、期待違わず、小説家としての又吉さんの才能が存分に開花した作品でした。

新しい感性の純文学として、同作品は三島由紀夫文学賞の候補となり、この後に続く文学賞レースでも受賞の可能性が高いとして、ますます脚光を浴びています。

又吉直樹・文学賞 <出典:出典先名>

カテゴリー
タグ ピース
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お笑いの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!