2,324 views

アナ・ケンドリック主演「ピッチ・パーフェクト」日本盤サントラが素晴らしい!

映画のサウンドトラックは映画を音楽で追体験できる、素敵なものですよね。
アナ・ケンドリック主演の映画ピッチ・パーフェクトの日本盤サウンドトラックが素晴らしいと話題になっています。

ピッチ・パーフェクト <出典:asonginsideofme.blogspot.jp>

まずはこの映画を紹介しましょう。

ピッチ・パーフェクトってどんな映画?

2012年にアメリカで公開された、ミュージカル映画「ピッチ・パーフェクト」は2015年に「ピッチ・パーフェクト2」も製作されたヒット作です。
ピッチ・パーフェクト <出典:ameblo.jp>
DJを目指すベッカは親の勧めで渋々と大学に通い始めました。
サークル活動などには興味がなかったのですが、女子寮のシャワーで歌っているのを部員に見つかり、ガールズ・アカペラ部に入部することになってしまいます。
部員は曲者だらけ、さらに懐メロばかり歌っていて、周りからダサいと言われるガールズ・アカペラ部を改革するために奮闘します。

主演のアナ・ケンドリックはこの映画で高く評価されましたが、どんな人なのでしょう。


主演のアナ・ケンドリックはこんな人


1985年、アメリカ、メイン州生まれのアナ・ケンドリックは、1998年ブロードウェイミュージカル「High Society」でデビューし、この作品で史上3番目の若さ、12歳でトニー賞にノミネートされました。

アナ・ケンドリック <出典:www.cinemawith-alc.com>

彼女を有名にしたのは2008年から5作に渡って公開されたヴァンパイア映画「トワイライト」で主役ベラの人間の友人、ジェシカ役ではないでしょうか?

また2009年の「マイレージ・マイライフ」では、アカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされました。
2014年の「イントゥ ザ ウッズ」でのシンデレラ役も好評でしたね。



ピッチ・パーフェクトの日本盤サウンドトラックがすごい!

ミュージカル映画のサウンドトラックなので、楽曲も多く、音楽だけで物語を追っていくことができます。
アメリカでは2012年発売ながら2014年3月に「アナと雪の女王」に抜かれるまでデジタル配信のサウンドトラックのなかで売り上げ一位を保っていました。

<出典:www.youtube.com>
作中で一番話題となったアナ・ケンドリックがプラスチックカップでリズムをとりながら演奏する「Cups:When I 'm gone」はもちろんの事、リアーナやブルーノ・マーズのヒット曲がアカペラに編曲され、収録されています。


サウンドトラックとしてだけでなく、純粋にCDとしても楽しめる

ピッチ・パーフェクトのサウンドトラックとしてだけでなく、アカペラグループのCDとしても完成度が高く、映画を見た人だけでなく見ていない人にも楽しめるCDとなっています。

カテゴリー
タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

洋楽の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!