ポケモンと妖怪ウォッチ、新しいRPGについて考えてみた



二十年あまり人気を誇るポケモンと、昨今急激な人気を得ている妖怪ウォッチ。どちらも人気RPGですが、あまりゲームをしない人や、古典的名作以降のゲームから離れてしまった人にとっては、なんだかよく分からないものかもしれません。その二つに含まれる『要素』を考え、検討してみると、大切な要素が含まれることが分かりました。


ポケモンは日本のRPGにおける一つの分岐点

ポケットモンスター、通称・ポケモンは、全世界でゲームおよびアニメやグッズといった関連商品が販売されている、日本を代表するRPGの一つといっても過言ではないでしょう。RPGの始祖と言えば、海外ではダンジョンズ&ドラゴンズ、ウィザードリィ、ウルティマ、日本でいえばドラゴンクエストとファイナルファンタジーが上げられますが、時代的な背景もあり、男性や少年向けであったことは否めません。

ポケモン
<出典:www.pokemon.co.jp>


ところが、ポケモンは発売後から現在に至るまで、男女問わず子供たちの支持を受けています。その理由としては、かっこいいだけでなく、愛らしいデザインのキャラクターが多かったことが上げられるでしょう。また、携帯ゲーム機という手軽なプラットフォームであったことや、一人でこつこつと行う『育成』だけでなく、『交換』『対戦』という他者とやり取りする要素が含まれていたことが大きいでしょう。ゲームというツールを通じて楽しめる要素が多かったことが、人気の理由と言えます。

初期シリーズが発売されたのは1996年ですが、当時遊んだ子供が親となり、その子供たちがまた遊ぶようになった、普及の名作です。

ポケモン初期
<出典:japaneseclass.jp>


妖怪ウォッチとポケモンに類似点は何か


日本を代表するゲームであるポケモンの後を追うかのように、子供たちに愛されたゲームが妖怪ウォッチです。こちらは更に現代的な世界観になっており、小学校に通う少年少女が、妖怪が引き起こす事件を解決していくことになります。ポケモンの場合、あくまでも現代風な世界観に過ぎず、ストーリーの大筋は『主人公は故郷から旅立つ』という古典的なRPGを踏襲していると言えます。

妖怪ウォッチ
<出典:www.level5.co.jp>


この二つのゲームは、一見すると全く違うようにも思えますが、まずポケモンのゲームの根幹とも言える、収集・育成・交換・対戦という魅力的な要素は、虫取りから着想を得て作られたと言われています。子供の頃、捕まえた虫を戦わせたり、交換したりといった経験に基づいているのです。一方の妖怪ウォッチは、日本人なら誰もが知っている『妖怪』という存在をキャラクター化しています。学校が主な舞台となっていることに加えて、盛り込まれるお笑いの要素も極めて現代的で分かりやすいことなど、子供にも受け入れやすくなっています。

つまり、妖怪ウォッチがかの名作を越えるような爆発的な力を見せたのは、子供に受け入れやすい要素を根幹にしている、という類似性にあるのです。


これから先のRPGはどうなっていくのか

古典的なRPGは、基本的には一人でその世界やストーリーを楽しみ、愛するものでした。しかし、その中で収集という行為が発生することで、半ば強制的に人とのつながりが生まれることになります。例えば、ポケモンでは、顔も名前も知らない海外の人とでも、交換や対戦が可能です。妖怪ウォッチも同様に、盛んな交流が開かれています。

ゲームは一人で思う存分楽しみたい、という人もいるでしょう。しかし、通信技術が向上している昨今においては、様々な側面で情報の共有が行われています。人と繋がったり競ったりしたい、という気持ちが今まで以上に高まっているのです。今後のPRGは、よりファンタジックで古典的なものと、現代的かつコミュニケーションを取ることが容易なものの、二種類に分かれていくのではないでしょうか。

ポケモンと妖怪ウォッチは子供に受け入れられやすいゲームですので、ゲームに慣れていない大人にもオススメです。最近ゲームをしていないという方、特にお子さんがゲーム好きな親御さんは、子供とのコミュニケーションのためにも、一度プレイしてみるのはいかがでしょうか。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!