トレタメ記事内画像について


4,373 views

思いっきり泣かせてくれる予感!雪組公演『哀しみのコルドバ』の配役

哀しみのコルドバ

『哀しみのコルドバ』は、宝塚歌劇団の中でもこれまでに何度も再演されている人気の演目です。

1985年に星組で上演されてから花組、雪組で再演、そして2015年11月21日~12月13日には繊細な演技力が光る雪組がこの名作に挑みます。

情熱の国スペインを舞台に演じられるロマンティックなストーリー、『哀しみのコルドバ』の気になる配役と見所を併せてご紹介していきます。


雪組にとって久しぶりのスペインもの

『哀しみのコルドバ』は1985年に星組で最初に演じられてから、1995年、2009年の再演は花組で行われています。

そのため、雪組にとって久しぶりのスペインものとなります。「情熱」をテーマに花形闘牛士エリオと初恋の女性エバとの美しくも悲しい恋愛模様は、ドラマティックなストーリーを得意とする宝塚歌劇団の十八番と言っても良いでしょう♪

再演の度にリニューアルをして舞台を蘇らせるのが宝塚歌劇団。
今回の『哀しみのコルドバ』もどのように生まれ変わるのか、これも大きな見所のひとつです。

哀しみのコルドバ

注目は雪組トップスター早霧せいなさんと咲妃みゆさんのコンビ


『哀しみのコルドバ』は花形闘牛士として活躍していたエリオが、ある夜会で裕福な貴族の後妻となった初恋の女性エバに再会し、愛を再燃させる物語です。しかしエリオには婚約者アンフェリータがいます。またエバは実業家ロメロの愛人となっていて、二人の愛はどうなってしまうのか、そんなドラマティックな世界を誰が再現するのか?その配役に注目が集まるのは当然ですね。

主人公のエリオとエバを演じるのは、雪組トップスターコンビの早霧せいなさん咲妃みゆさんです。

哀しみのコルドバ

現雪組トップコンビにとって初めてのスペインもの。ダンスシーンは見所必至ですよ。またスペインものとあれば、宝塚の王道「スパニッシュ」も劇中で見られるはず。そして何より演技力にも定評のあるトップコンビなだけに悲恋でとことん泣かせてもらいましょう♪

トップコンビ以外にも、エバの愛人ロメロに望海風斗さん、エリオの親友で不倫が発覚して決闘をすることになる闘牛士ビセントに彩風咲奈さん、エリオの婚約者アンフェリータに星乃あんりさんと、今星組で勢いのあるタカラジェンヌが目白押しです。

これだけ演技力のある配役でおくる『哀しみのコルドバ』、ハンカチは多めにご持参ください(笑)

1 / 1

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

雪組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!