86,227 views


■Pristin(プリスティン)、デビューから好発進の理由とは?

新人のアルバム売り上げ初動枚数は、あの世界的大ヒットを記録したTwiceよりも多い1万枚突破という記録を達成したモンスターグループPristin(プリスティン)。

では、一体何がそこまで人気なのでしょうか?

大ヒットの理由には、2点のポイントがありました。

まず1点目は、露出の機会が大きく分けて2回あったこと。

PRODUCE101に出演し、I.O.Iとしてデビューしていたメンバーが多く所属していることで、元から知名度や人気がある程度担保されていました。

I.O.Iは人気絶頂の最中に解散をしたため、ファンの熱気は全く冷めておらず、それぞれ分散したメンバーを追うファンがきちんと付いてきたのでしょう。

特に「笑わない真顔の」イム・ナヨンと、「番組1の美人」とされたギョルギョン、共に特徴的な注目のされ方をしたのもポイントです。

そしてPledis Girlz(プレディスガールズ)としての活動も一役買っていました。


出典:©Youtube 1theK (원더케이) Pledis Entertinment PRISTIN [MV] PRISTIN(프리스틴) _ WEE WOOより

プレデビューという位置付けでしたが、それでもメンバーの周知とファンの獲得に多く貢献したことは間違いありません。

その他にもデビュー前から精力的に活動し、先輩グループのMVにも多数出演してきたために、Pristin(プリスティン)としての集大成前に着実な広報活動が出来たといえるでしょう。

そして2点目は、先輩グループSEVENTEEN(セブチ)の存在。


彼女たちの人気を後押ししたのは、やはり大人気の先輩グループの存在があったから。


とは言え、Pristin(プリスティン)は自分たちで作詞作曲も行う実力を持ったメンバーの集まりで、これまでの活動を通して大きく成長した彼女たちが掴んだ功績は紛れもなくPristin(プリスティン)というグループの力です。

解散が相次いたヨジャグループ界、Pristin(プリスティン)が次の四天王に君臨する日はすぐそこかも…?

1 2 3 4 5

5 / 5

この記事をみんなにシェアする

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!