今日からサク読み!トレタメアプリ

95,982 views

2016年頃からブレイクし、最近では雑誌「JUNON」の取材で腹筋の見える肉体美を披露したことでも話題の若手声優・八代拓さん。

広い声幅・演技幅はもちろん、誰にでも愛される性格やスタイル抜群のルックスで多くのファンを持つ八代さんですが、自称「振り切ったM」、かわいい男の子が好きな「846プロ」など面白いポイントが盛り沢山!?

今回はそんな八代拓さんの魅力に迫りつつ、彼が声を担当するDRAMATIC STARSのメンバーとの絆についてもご紹介します。
アイキャッチ画像の出典:©八代 拓‏(@yashiro_taku) より

愛されるみんなのムードメーカー、八代拓さんのプロフィール


八代拓
出典:©八代 拓‏(@yashiro_taku) より
八代拓さんは1993年1月6日生まれの岩手県出身。
座右の銘は「いいことはおかげさま わるいことは身から出たさび」。ちなみにこの座右の銘は相田みつをのもの。

▷▶声優になるまで

野球やサッカーが大好きで、中学高校ではバトミントン部に所属。ずっとスポーツ少年だった八代さんですが、ある日友達に借りた「新世紀エヴァンゲリオン」、中でも「綾波レイ」に衝撃を受けます。

エヴァンゲリオンを見てから一ヶ月ぐらい綾波レイのことしか考えられず、部活にも行かなくなり、何も手につかなくなったというほど、作品にドハマリしてしまった八代さん。
これをきっかけに「涼宮ハルヒの憂鬱」や「けいおん!」、「STEINS;GATE」など多くのアニメを見るようになったそうです。

当時進学校に通っていたものの、部活に熱中しすぎたために勉強が得意でなかったという八代さんはふと「アニメのクレジットに自分の名前が載れば、みんな自分のことを見直してくれるんじゃないか」と考え、声優を目指し始めます。

そこからとにかく声優になりたい一心で「声優 養成所」でネット検索し、1番上に表示された養成所、日本ナレーション演技研究所の出身者に綾波レイ役の林原めぐみさんがいたことからそこへ入所を決意したという変わったエピソードを持っています。

小学校の教員免許を取れる大学に行くことを条件に両親を説得、岩手から上京した八代さんですが、ある日声優としての仕事と教員免許の実習がかぶり、どちらを取るか悩んでいたそう。

このことを声優事務所の人に相談したところ「やりたいほうをやれば?」と言われてしまい、声優を目指すのは自分だけではなく、他にいくらでも代わりがいるという厳しい現実をつきつけられます。この一言に悔しさを感じた八代さんは声優としての仕事を選択。そこから声優としての道を本格的に歩き始めます。

▷▶代表作

次に八代拓さんの代表作ですが、

東ナオト / タイガーマスク(タイガーマスクW)
柏木翼(アイドルマスター SideM)
結城すばる(アイカツスターズ!)
十王院カケル(KING OF PRISMシリーズ)

などが挙げられます。

ふんわりとした物腰のキャラクターである「アイドルマスター SideM」の柏木翼から、少しチャラい一面もある「KING OF PRISMシリーズ」の十王院カケルなど、多様なキャラクターを演じきる実力に加え、八代さんが所属する若手声優ユニット「8P」の朗読パートでは低音から高音まで幅広い声幅を披露しています。


1 2 3 4 5>>

1 / 5

この記事をみんなにシェアする

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!