2,064 views

下北沢から発信するリア充!恋愛至上主義音楽集団THEラブ人間のメンバープロフィールと楽曲紹介

恋愛至上主義音楽を掲げる下北沢発のバンド、THEラブ人間。2014年、結成5周年とともに6人体制に。

THEラブ人間 <出典:loveningen.jp>

2015年はミニアルバム2枚、2016年は3rdアルバム「メケメケ」発売と、急展開を見せる彼ら。クリエイティブなメンバーたちの好みと、彼らの人気曲を調べてみました!


メンバーの好みは?

恋、愛、音楽を叫ぶTHEラブ人間。メンバーの好みを調べてみると、一人ひとりバラバラです。彼らの音楽は、さまざまな音楽的趣味が混ざり合い、生まれたのかもしれません。

 

・金田康平(歌手)

金田康平 <出典:www.cinra.net>

ダウンタウンを崇拝し、ロウ・イエの映画をこよなく愛するTHEラブ人間のボーカル。

 

・谷崎航大(Violin)

谷崎航大 <出典:natalie.mu/>

バイオリン奏者ですが、Hi-STANDARDやHawaiian6などメロコアが好きなようです。

 

・さとうまりな(Ba)

さとうまりな <出典:natalie.mu>

フィッシュマンズや高木正勝などを愛聴する、アーティスト色の強いものが好みのベーシスト。

 

・坂本遥(Gt)

坂本遥 <出典:natalie.mu>

 

2014年加入。フュージョンやジャズ、ソウルなど様々なジャンルを通ってきたテクニカルなギタリスト。

 

・服部ケンジ(Dr)

服部ケンジ <出典:natalie.mu>

フジファブリックやandymoriを好むドラマー。ちなみに、ラーメンも好きなようです。

 

・ツネ・モリサワ(Key)

ツネ・モリサワ <出典:natalie.mu>

ポール・マッカートニーやmy bloody valentineなど、UKロックが好きなキーボード奏者。

ファン公認!?THEラブ人間の人気楽曲紹介


THEラブ人間のライブは、グルーブ感にあふれたロック・ミュージック。ライブでも聴きたい、ファンの間で人気な楽曲をピックアップしました!

 

・大人と子供(初夏のテーマ)



 

インディーズ時代からおなじみの1曲。

 

ライブでも定番ですが、ボーカル金田が19歳のときの恋愛を歌っています。別れのシーンを剥き出しに表現する歌詞に、心を奪われたリスナーも多いはず!

 



 

・クリームソーダ



 

ミニアルバム『恋は全部まぼろし』のリードトラック。

 

「今までの恋は全部まぼろし」と、ミニアルバムの表題が歌詞に使われていますが、決して投げやりなわけではなく、過去の恋愛が自分を作っているという内容が人気です。

 



・じゅんあい



 

メンバー6人で始めてリリースした『じゅんあい/幸せのゴミ箱』から1曲。

 

ギター2本、バイオリン、キーボード、そして歌と、ウワモノだけでも分厚く、6人体制ならではの壮大さを堪能できる一曲。サニーデイ・サービス曽我部恵一がリミックスしていることでも話題になりました。

 


4月からの全国ツアーも決定!

3rdアルバム『メケメケ』発売に伴い、渋谷クラブクアトロでのワンマンと全国ツアーが決定しました!全力で恋を、愛を叫ぶ彼らの、熱狂的な音楽性は、ぜひライブで体感してください!

 



 

著者:安藤悟

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!