今日からサク読み!トレタメアプリ


浪川大輔さんといえば、あのレジェンド声優・大塚明夫さんよりも声優歴が長いことで有名なベテラン声優さん。

その爽やかで甘い声には、数々の女子が虜になっています。

自身も所属する事務所「ステイラック」の社長も務め、ビジネスの面でも才能を発揮。

そんな才覚を発揮しながらも、「Kiramune」や出演した作品のラジオなどではいじられキャラな面もみえるのが可愛らしいですよね。

いじられる=愛される理由は、その人当たりの良さや作品に対するストイックで全力投球の姿勢にあるように思えます。

今回はそんな「浪川さんが愛される理由」を紐解いていきましょう。

浪川大輔さんってどんなひと?



1985年(9歳)から劇団こまどりに所属し、子役の時代から声優として活躍していましたが、中学時代に反抗期をむかえ、仕事をサボるようになってしまいました。

別の道で生きて行こうと思っていた矢先に、怪我でその道を断念。そんな時に挑戦した『ロミオ+ジュリエット』のレオナルド・ディカプリオ役の吹き替えを通して、もう一度声優として生きて行くことを決心します。

失った信頼を取り戻すのには時間がかかったようですが、不義理を行った会社には自ら謝罪に行くなど、その誠実な姿勢が功を奏し仕事が増えるようになりました。

2010年には第四回声優アワードにて助演男優賞を受賞。
2014年には吉野裕行さんと音楽ユニット「Uncle Bomb(アンクルボム)」を結成し、こちらでも才能豊かな面をみせています。

その年の春に「より活動の幅を広げたい」という意思の元、「ステイラック」を立ち上げ代表取締役になりました。さらに2016年には「ステイラック付属養成所Follow-Up」も立ち上げ、若手育成にも注力しています。

そんな浪川さんが演じてきたキャラクター達は、どれも生き生きとした生命力を宿しています。また、ちょっと癖のあるキャラクターを演じることが多いのですが、そのキャラクターらしさを存分に引き出す演技力の幅も魅力ですね。

浪川大輔
出典:コミックナタリー©Natasha,Inc. 浪川大輔 ≪「今日、恋」アニメDVD発売、特典満載プレミアム版も≫より
代表的なキャラクターは以下の通りです。

・「テニスの王子様」の「鳳長太郎」
・「レベルE」の「王子」
・「GANTZ」の「玄野計」
・「HUNTER×HUNTER」の「ヒソカ」
・「Axis powers ヘタリア」の「イタリア」「ロマーノ」
・「ワールドトリガー」の「太刀川慶」

どれも一筋縄でいく役ではないですが、見事に演じきっています。

中でも「ヒソカ」は変態性はもとより、敵でありながらも見守ってくれる存在でもある様々な顔を見せるキャラクターなので、これを演じきる演技力の高さには脱帽ものです。

「イタリア」「ロマーノ」のへたれっぷりも絶妙なさじ加減で、非常にみていて愛らしいですよね。


1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!