今日からサク読み!トレタメアプリ


ヴィジュアル系バンドの中でも人気が高い「the GazettE(ガゼット)」。疾走感のあるロックサウンドが魅力的なバンドで、毎年夏に開催される大型ロックフェスティバル・サマーソニックにも出演しています。

ヴィジュアル系バンドに詳しくない方でも、the GazettEの名前なら聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。そんなthe GazettEは、今やヴィジュアル系を代表するバンドといっても過言ではないかもしれません。

the GazettE

さて、そのthe GazettEに興味を持ち「ライブに行ってみたい!」と思ったら、ライブに行く前に彼らの曲を勉強しておきましょう。今回は、ライブに行く前に聴いておくべきおすすめアルバムを5枚ご紹介します。これでthe GazettEのライブをより楽しめることでしょう。

【1】まずはthe GazettE入門編!「TRACES BEST OF 2005-2009」


2011年に発売されたベストアルバム「TRACES BEST OF 2005-2009」には、2005年から2009年の間に販売されたシングル曲がすべて収録されています。シングル曲以外にも、これ以前にリリースされたアルバムの中からリード曲が1曲ずつ入った全12曲です。収録されている曲はすべてオリコンチャート10位以内に入った人気曲のため、初めてthe GazettEのCDを買う・レンタルする際におすすめできる1枚です。

2014年のライブツアーでは、収録曲の『Filth in the beauty』がアンコールで何度も登場しています。


TRACES BEST OF 2005-2009



【2】オリコン3位の人気アルバム!「STACKED RUBBISH」


the GazettE3枚目のオリジナルアルバム「STACKED RUBBISH」は人気が高い1枚です。「メタルやハードロックな曲調が多い」というイメージを持たれがちだったヴィジュアル系バンドのイメージを覆すアルバムで、the GazettEの王道であるロックはもちろん、バラードやキャッチーなリズムなどさまざまなタイプの曲が収録されています。ヴィジュアル系バンドにあまり馴染みのない方でも聞きやすいアルバムではないでしょうか。

【3】2014年のツアーで収録曲が多数登場!「TOXIC」


「TOXIC」はthe GazettE5枚目のオリジナルアルバムです。メンバー自身がこれまでに出したアルバムの中でも一番良いと絶賛しています。CMやアニメとタイアップした曲も収録されています。

2014年のライブツアーでは、このアルバムから『VENOMOUS SPIDER'S WEB』『MY DEVIL ON THE BED 』『TOMORROW NEVER DIES』など、13曲が歌われています。アルバム収録曲は全14曲のため、ほぼすべての曲がツアーで披露されています。これからのライブに向けてぜひ聴いておきたい1枚です。


1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!