6,390 views

『五右衛門ロック』『シレンとラギ』など劇団☆新感線のおすすめDVD4選

古田新太、橋本じゅんなど実力派俳優を中心に、多くの人気俳優を招いて上演される本格舞台エンターテインメント、劇団☆新感線。演劇好きなら一度は観劇したい舞台です。近年は、同劇団の公演を録画・編集して映画館で上映する「ゲキ☆シネ」や、過去作品のDVD化でますます注目を集めています。

今回は、DVD化された劇団☆新感線のおすすめ作品を4作ご紹介します。

劇団☆新感線 <出典:enterstage.jp/column/2015/03/002095.html>




『ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII』

『ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII』は、古田新太扮する江戸時代の大泥棒・石川五右衛門が、生演奏のロックミュージックとともに破天荒なストーリーを繰り広げる劇団☆新感線の看板作品「五右衛門ロック」シリーズの3作目です。

五右衛門の相棒となる女盗賊・猫の目お銀役に蒼井優五右衛門を追う若き探偵・明智心九郎役に三浦春馬を迎え、古田・五右衛門が再び江戸の町を駆け巡ります。歌や踊り、迫力の殺陣など、蒼井や三浦の普段は見られない一面を発見できるでしょう。

また、松雪泰子や森山未來、江口洋介、北大路欣也らが出演した記念すべきシリーズ1作目『五右衛門ロック』や、天海祐希が宝塚時代を彷彿とさせる姿で出演して話題になったシリーズ2作目『薔薇とサムライ GoemonRock OverDrive』もDVD化されています。併せてチェックしてみてください。


ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII <出典:www.geki-cine.jp>





『阿修羅城の瞳2003』


『阿修羅城の瞳2003』は、劇団所属の演出家いのうえひでのりによる、アクション・ロマンス作品です。シェイクスピアの悲劇「オイディプス王」をベースにしながら、東洋風のファンタジックな世界観を背景に、壮大な演出と華やかな殺陣アクションが繰り広げられます。

豪華なダブル主演は、暗殺者の一族に生まれた女性・シレンを演じる永作博美と、シレンに憧れと恋心を抱く若い剣士・ラギを演じる藤原竜也です。

壮大な演出と、さまざまな「アイ」をテーマにしたストーリーが観客の心を揺さぶりました。映画やドラマで活躍してきた永作さんの強さと、はかなさを持ち併せた演技と、蜷川幸雄舞台で見せてきた存在感を存分に発揮する藤原さんの演技に目を奪われるでしょう。



シレンとラギ <出典:www.geki-cine.jp/ashura-jo03/>






『髑髏城の七人 special edition』

劇団☆新感線の作品の中でも歴史の長い代表作が、キャストを新たに再演されたものが『髑髏城の七人 special edition』です。いのうえひでのりによる時代劇「いのうえ歌舞伎」の1つと言われています。


時は戦国時代、織田信長の死後に天下統一をもくろむ豊臣秀吉に反旗を翻す者たちがいました。「髑髏城」に潜む彼らの名は「関東髑髏党」、その武装集団のトップにいるのは、かつて信長に仕えていた天魔王と名乗る男でした。一方、関東髑髏党の悪しき野望を見抜いた者たちもまた、若い戦士・捨之介を中心に関東へ集まってきます。ついに、戦いの幕は切って落とされました——。



天魔王に刃を向ける人情深い若者・捨之介役に小栗旬、ダンスで鍛え抜いた全身で貫録ある演技を見せる天魔王役に森山未來、捨之介とともに戦う無界屋蘭兵衛役に早乙女太一と、実力派人気俳優たちが勢ぞろいしています。殺陣はもちろん、いのうえ歌舞伎ならではの「見えを切る」シーンも見どころです。


髑髏城の七人 <出典:www.vi-shinkansen.co.jp/UserEvent/Detail/7>






『阿修羅城の瞳2003』

『阿修羅城の瞳2003』は、いのうえ歌舞伎の第2弾作品です。2000年からキャストを大幅に変えて再演されました。東京公演、大阪公演あわせて観客数7万人を記録した人気作です。江戸時代を舞台に、人と鬼の戦いが美しく描かれています。

市川染五郎演じる病葉出門は、かつて江戸の町から魔を払う特務機関「鬼御門」の有能な魔事師として活躍した経験を持ちながら、魔事師としての過去を捨てて過ごしています。しかしそこに現れたのは、鬼御門に追われる謎の女、天海祐希演じるつばきでした。

つばきはなぜ鬼御門に追われるのか、つばきの過去には何が隠されているのか、出門の悲しい戦いが始まります。歌舞伎役者市川の観客を圧倒する演技と、妖艶な天海の歌声に注目です。



阿修羅城の瞳2003 <出典:gxcblog.exblog.jp/24103415/>





おわりに

気になる作品が見つかったでしょうか。舞台公演やゲキ☆シネの映画上映を見逃してしまった方も、舞台の感動をもう一度体験したい方も、ぜひDVDを手に取ってみてください。また、今までお芝居を見たことがない方にもおすすめなDVDです。知らない間に舞台の中の世界に引き込まれる迫真の演技を、ぜひ鑑賞してみてはいかかでしょうか。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

演劇・舞台の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!