5,995 views

the pillows(ザ・ピロウズ)のトリビュートアルバム収録の名曲5選

2014年に結成25周年を迎え、今なお多くのファンから愛されているロックバンド「the pillows(ザ・ピロウズ)」。ギターボーカルである山中さわおさんの書く、ポップなメロディーと胸に刺さる青臭さギリギリのピュアな歌詞、そしてスリーピースバンド特有の熱い演奏は、日本のロックシーンでは唯一無二でしょう。

またthe pillowsはリスナーだけでなく、多くのミュージシャンからも愛されている存在です。
今回は、これまでに2枚リリースされているthe pillowsトリビュートアルバムの中から、おすすめの名曲5選をご紹介します。

songs-pillows-tribute-album <出典:so-net.kabegami.com>

【1】BUMP OF CHICKEN『ハイブリッド レインボウ』

まずは、結成15周年を記念し2004年にリリースされた1枚目のトリビュートアルバム『SYNCHRONIZED ROCKERS』の中からご紹介します。
最初におすすめしたい1曲が、BUMP OF CHICKENがカバーしたthe pillows初期の大名曲『ハイブリッド レインボウ』です。

サビでエモーショナルに爆発する原曲に対し、BUMP OF CHICKENバージョンは全体的に切なさが増している印象です。BUMP OF CHICKENの藤原基央さんの声と、歌詞の最後にある「昨日まで選ばれなかった僕らでも明日を持ってる」が最高に合っています。

ちなみに、結成25周年でリリースされた2枚目のトリビュートアルバム『ROCK & SYMPATHY』では、ふくろうずが『ハイブリッド レインボウ』をカバーしています。こちらは女性ボーカルのため、また違ったイメージで楽しむことができます。

ハイブリッド レインボウ <出典:www.youtube.com>





【2】Mr.Children『ストレンジ カメレオン』


続いては、同じく『SYNCHRONIZED ROCKERS』から、Mr.Childrenがカバーした『ストレンジ カメレオン』をご紹介します。原曲はゆったりとした跳ねたリズムに乗せて歌われるラブソングです。1996年にリリースされた初期の名バラードで、今でもファンから根強く愛されている1曲です。

シンプルなロックバラードの原曲に比べ、Mr.Childrenバージョンはバンドを基礎にしつつアレンジに広がりがあり、まさに「ミスチルサウンド」の仕上がりになっています。ボーカルの桜井和寿さんは『ストレンジ カメレオン』を「生涯で10曲選ぶなら、間違いなく入る」と公言し、ライブで演奏したこともあります。

2枚目のトリビュートアルバム『ROCK & SYMPATHY』では、髭(HiGE)が同曲をカバー。かなり原曲に忠実な雰囲気です。


ストレンジ カメレオン <出典:www.youtube.com>


【3】Theピーズwithクハラカズユキ『巴里の女性マリー』

3曲目も『SYNCHRONIZED ROCKERS』収録曲です。『巴里の女性マリー』はインディーズ時代のマニアックな曲ですが、the pillowsの真骨頂であるストレートなロックンロールが味わえる隠れた名曲です。
同じくストレートなロックで多くのファン・ミュージシャンから愛されているTheピーズがカバーしています。

歌詞もメロディーもTheピーズの大木温之さんに合っていて、思わず「この曲、Theピーズのオリジナル?」と勘違いしてしまうほどです。

クハラカズユキさんは、thee michelle gun elephant やThe Birthdayで活躍する名ドラマーです。クハラさんの流れるような8ビートも最高に気持ちの良い1曲です。


巴里の女性マリー <出典:rocklyric.jp>






【4】Base Ball Bear『Funny Bunny』

ここからは、結成25周年で2014年にリリースされた2枚目のトリビュートアルバム『ROCK & SYMPATHY』に収録されている楽曲をご紹介します。

まずはBase Ball Bearがカバーした『Funny Bunny』です。ライブでも定番の人気曲です。原曲よりも少し軽やかでオシャレなアレンジになっており、ポップさが強調されている印象です。

『SYNCHRONIZED ROCKERS』では同曲をELLEGARDENがかなり激しくカバーしています。原曲のthe pillowsバージョンを中心に、ポップ寄りがBase Ball Bearバージョン、ロック寄りがELLEGARDENバージョンとい言えるでしょう。ぜひ、聴き比べてください。

Funny Bunny <出典:musicshelf.jp>





【5】9mm Parabellum Bullet『インスタントミュージック』

9mm Parabellum Bulletがカバーした『インスタントミュージック』は、原曲の歌詞の気怠さと、ギターの歪み具合がしっかり再現されつつも、Aメロではレゲエ風のリズムが入るなど、遊び心もあるアレンジが見事なカバーです。the pillowsへのリスペクトと愛が感じられます。


インスタントミュージック <出典:www.amazon.co.jp>


おわりに

『SYNCHRONIZED ROCKERS』はthe pillows側からバンド側にオファーを出して実現したアルバムです。そのため、the pillowsと近い世代のバンドによるカバーばかりです。一方『ROCK & SYMPATHY』はthe pillowsをリスペクトする若いバンドが集まって完成したアルバムであり、ほとんどが2000年以降にデビューしたバンドです。


今回は5曲を紹介しましたが、両アルバムともに、まだまだ名カバーが収録されています。the pillowsの原曲と聴き比べて楽しめるだけでなく、知らないバンドを知る良いきっかけにもなるため、ぜひ聴いてください。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!