16,252 views

蓮つかささんの印象的な役を振り返る

「ルパン -ARSÈNE LUPIN-」新人公演ドナルド・ドースン役

月組ファンが蓮つかささんの存在に注目したきっかけの一つが、ヒロインを取り巻く四銃士の1人のドースン役ではないでしょうか。

本公演では凪七瑠海さんが演じたこの役を、気品を感じさせながら飄々と主人公と対峙するキャラクターとして作り上げたのです。

その芝居を引き立たせる美声と、メガネ姿のキリッとした舞台姿に、期待感が高まりました。
https://twitter.com/szersiebmar/status/362184126750662656

「1789 -バスティーユの恋人たち-」新人公演マクシミリアン・ロベスピエール役

近年の月組の代表作と言えるミュージカルで、蓮さんはまず「本公演での初セリフ」という思い出深い経験をしています。
蓮つかさ
出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ
タカラヅカ・スカイ・ステージ「Let's♪ダンシング#17『1789 -バスティーユの恋人たち-』」より

新人公演では、現トップスター珠城りょうさんが演じた革命勢力の中心人物にチャレンジ。

長い手足を生かしてキレと情熱を感じさせるボディパーカッションや、よく通る歌声で、実力を大いに発揮した作品となりました。


1 2 3 4>>

2 / 4

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!