81,018 views

ちえねねだけの距離感

宝塚の男役と娘役のペアは、どちらも女性でありながら、愛し合う男女を演じるところに難しさとやりがいがあります。そんな中、ちえねねコンビは、一瞬女性同士であるということを忘れてしまうぐらい、お互いを「愛している」という雰囲気を醸し出していましたよね。

夢咲さんの、華奢で可憐で"守ってあげなくては!"と思わせる女性らしい雰囲気と、柚希さんの、颯爽と男らしく力強い男性像が、瞬きを忘れるほどの"美しい2人"を創り出しているのでしょう。

今日はねねが来てくれたよ💗 #ねねなな #いひひ

柚希礼音 ReonYuzukiさん(@reonyuzuki_official)がシェアした投稿 -

出典:柚希礼音(@reonyuzuki_official)Instagram より
ちえねねコンビは、キスシーンをよりリアルに見せるために様々な工夫をしており、あまりにも近づきすぎて、柚希さんの唇に夢咲さんの口紅が付いてしまう、といったこともあったそうです。

ちえねねコンビのファンの方は、口を揃えて"幸せが伝わるキス"と絶賛します。それもそのはず、約6年という年月の中で、本当にお互いを信頼し、大切に思っているからこそ、数々の感動シーンが生まれたのでしょう。

おわりに

出典:赤根那奈//夢咲ねね(@akane_nana)Instagram より
数々の名シーン、素敵なエピソードを残した"ちえねね"コンビ(柚希礼音さんと夢咲ねねさん)もついに宝塚を添い遂げ退団し、2度とステージで"ちえねね"コンビを見れなくなることに悲しむファンは多いですよね。ですが、これまで何にも代えがたい感動を与えてくれた柚希さんと夢咲ねねさんの最後の公演では、お2人の最高の笑顔が見れることを祈っています。

柚希礼音さん、夢咲ねねさん、約6年間本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました!トレタメはこれからも、ちえねねコンビの柚希礼音さんと夢咲ねねさんを応援し続けます。

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

男役

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!