トレタメ記事内画像について


53,378 views

少女時代(ソニョシデ)のメンバープロフィール【今一度復習】

数あるガールズグループの中でも圧倒的人気を誇る少女時代(ソニョシデ)。

2007年にデビューした少女時代は、2009年に韓国で発売された『Gee』が大ヒットし、韓国の音楽番組で9週連続1位を獲得する偉業を達成しました。

少女時代
日本での人気も高く、K-POPブームの先駆者ともいえる彼女たちですが、ここでもう一度魅力的なメンバーのプロフィールをおさらいしてみましょう♪



少女時代(ソニョシデ)の大天使!ソヒョン


ソヒョン

本名:ソ・ジュヒョン
1991年6月28日生まれ
instaglam⇒@seojuhyun_s

マンネのソヒョンは『模範生』と言われるほど礼儀正しく、とっても頭もいいです。韓国語のほか英語や日本語も得意で、日本のライブではMCも任されるほど。大人っぽくて安定した声が特徴でメインボーカルを担当しています。

読書家としても有名で、移動中に本を手に持つ姿も。挨拶や言葉遣いからも知性が伺えますね。

ソヒョン

末っ子なのにメンバーの中では1番しっかり者ですが、涙もろくてメンバーやファンに感謝を伝える時はよく涙してしまう可愛い一面も持っていて、そんなソヒョンはメンバーからもかなり愛されている様子。まさに大天使・・・。

とても気の利くがゆえ、たまに集合写真に入りそこねちゃったりもしますが、周りのことをよく見て行動できる素敵な女性です。

2015年の『Lion Heat』の活動中には金髪にしてファンを驚かせましたね(金髪でも大天使!)

ソヒョン

ヒョヨンと特に仲良しで、ソヒョンのファンがヒョヨンに嫉妬するぐらい仲がいいです。

また、ミュージカル「風と共に去りぬ」にも出演して以来、演技、歌唱力共にかなり高い評価を得ています。2016年には「マンマミーア」にも出演し、堂々な演技を魅せていました。


少女時代(ソニョシデ)のダンシングクイーン!ヒョヨン


ヒョヨン



本名:キム・ヒョヨン
誕生日:1989年9月22日
instaglam⇒@watasiwahyo

メインダンサーのヒョヨンは姐さんの愛称でお馴染み。ステージで魅せるかっこいい姿とは一転、グループのムードメーカーとして太陽のような笑顔でメンバーを笑わせてくれます。

パワフルなで圧倒的なダンススキルは彼女の最大の武器。そして姉御肌でもあるので、デビュー当時、ダンスを教えられるように1人猛特訓したりと努力家な一面も。

ヒョヨン

2012年に出演した「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ 2」ではその実力を遺憾なく発揮し、かなりファンが増えたような印象です。

メンバーの中ではユリやスヨンと特に仲がよく、missAのミンやf(x)のアンバーとも遊びに行く様子をSNSにも載せています。真っ直ぐな性格で、誰からでも好かれやすいところも魅力ですね。

ヒョヨン

そして驚くことに、韓国のスキーの大会で優勝したことがあります。プライベートで突然ヒョヨンが表彰台に乗ってる写真がアップされると、ファンも驚愕していました。

ダンスだけでなくて、スポーツ好きなのかもしれません。そしてその才能・・・。さすがです。



少女時代(ソニョシデ)の拳を呼ぶ愛嬌!?サニー


サニー 少女時代

名:イ・スンギュ
誕生日:1989年5月15日
instaglam⇒@svnnynight


ソニの愛称で呼ばれるサニーは、メンバーの中でも1番身長が低く、愛嬌担当。あひる口がとっても可愛くて、ファンを盛り上げたりするときにはソニの愛嬌が一役買っています。

サニー 少女時代
ぶりっ子すぎるその仕草からいらいらしてしまう!ということで「拳の愛嬌」なんて言われたりもしますが、可愛いソニのぶりっ子なら全然アリ!!という声が圧倒的(笑)

その天真爛漫さが彼女の魅力ですもの。

また、高音の可愛い声も特徴的なので、ソニのパートは聞いていてわかりやすいはず。

サニー 少女時代

ソニといえばラジオというほど多くの番組に出ていましたが、ある公開収録で雨が降ってきたのに気づき、外でみているファン全員に傘を差し入れてあげたなんてファン想いの優しい一面も持っています。




圧倒的スタイル美!少女時代(ソニョシデ)の女神スヨン


スヨン

本名:チェ・スヨン
誕生日:1990年2月10日
Instagram⇒@hotsootuff

スタイルの良さと美しさが際立つスヨン。雑誌のモデルやブランドのイベントにもよく参加しています。

メンバーの中ではラップ担当ですが、楽曲のなかでも最初の方に歌割りがくるので、つい目がいってしまうのではないでしょうか。

先日、韓国の名門・中央大学を卒業したばかり。グループ内でも1.2を争う頭脳派で、頭の回転も速いので、スヨンに口で勝てるメンバーはいないのではないでしょうか(笑)

チェ・スヨン

スヨンといえば、流暢な日本語で日本での活動中にはあのダウンタウンの浜田さんにも褒められるほどでしたがそれもそのはず。

実は、あのケミストリーもデビューした伝説的番組「ASAYAN」から、日韓グループとして小学生の頃にデビューしていたのです。

そのグループはあまり売れずに結局スヨンは韓国に戻ることになりますが、少女時代としての日本デビューが決まった時にインタビューで「あぁ戻るんだなって思った」と話していました。

彼女にとって日本とは、最初に歌手デビューをした場所で、当時はBoAが絶大な人気もあったことから、特別な場所として心に残っていたのかもしれませんね。

スヨン

2014年には韓国で放送されたドラマにも出演し、女優としても活躍。MBC演技大賞2014では女性優秀賞を獲得するほどでその演技力には高い評価も得ています。

クールビューティーな見た目とは裏腹に笑いに貪欲だったり、ごはんももりもり食べたり(ユナと同様でどんなに食べても太らないんですって!羨ましい)とそんなギャップも可愛らしいです。




1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ガールズグループの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!