4,632 views


デフ・レパード5枚目のスタジオアルバム『アドレナライズ』における名曲

デフ・レパードはグランジやオルタナティヴ・ロックなどに人気が集まる時代にありながらも、
ハードロックという枠で成功を収めることが出来た数少ないバンドとも言えます。

アドレナライズ

アドレナライズ』はイギリスとアメリカで初登場一位を獲得して
名盤『ヒステリア』に負けず劣らずの成功を収めています。

1991年にリズムギター担当のスティーヴ・クラークがアルコールや精神安定剤、
それらの鎮痛薬の過剰摂取で亡くなっていることもあり、
このアルバムはクラークへの追悼盤として捧げられています。
悲しみを乗り越えて作られた楽曲だからこそ、名曲を残すことが出来るのかもしれません。

デフ・レパードの名曲を聴きなおしてみよう

若干18歳という平均年齢でデビューしたデフ・レパードもバンド結成35周年を迎えています。

来日公演を控えてデフ・レパードのファンも過去にある名曲を聴き懐かしんでみるのも良いでしょう。

音楽業界に生き残る難しさとは名曲を作り上げることが出来るかどうかなのです。

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 洋楽音楽Def LeppardROCK

洋楽の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!