5,524 views

新人公演役UP・雪組男役・鳳華はるなさんの期待プロフィール

研7までが出演できる新人の登竜門「新人公演」、研4で少しずつその新人公演の役がアップしてきたのが雪組・男役の鳳華はるなさんです。

 
まだまだ伸び盛りの彼女ですが、今後が楽しみ、そんなファンの為にプロフィールを交えて紹介いたします。

華やかな男役・鳳華はるなさんのプロフィール

鳳華はるな <出典:kageki.hankyu.co.jp>
鳳華はるなさんは、群馬県高崎市出身。2010年宝塚音楽学校に入学し、2012年卒業後宝塚歌劇団に入団しました。
98期生で愛称は「みの」「はる」「じじ」、身長168cm、11月6日生まれの蠍座です。

 

初舞台は宙組・大空 祐飛さん・野々すみ花さんコンビのさよなら公演「華やかなりし日々」「クライマックス」-Cry‐Max-。その後2013年に雪組に配属となります。

 

2014年にはバウ雪組公演「パルムの僧院」(彩風咲奈さん主演)や本公演「ベルサイユのばら オスカルとアンドレ編」に出演。

 
2015年の「ルパン三世/ファンシー・ガイ」と「星逢一夜/ラ エスメラルダ」では本公演出演の他、新人公演で若手男役ホープの久城あすさんの役をいただいて、好演しています。

「ルパン三世/ファンシー・ガイ」と「星逢一夜/ラ エスメラルダ」 <出典:www.hankyubooks.com>

いよいよ来年度は最終成績判断の年、頑張ってもらいたいのです。


宝塚では音楽学校卒業時に成績で順位がでますが、実はこれが最終成績ではありません。
卒業後、研1・研3・研5と試験があり、最終成績は研5で決まりとなります。

 

大きな役を貰えるかどうかは、成績も大きなポイントとなりますし、この成績は公表され退団するまでついて回ります。

 

鳳華はるなさんもいよいよ来年度は研5となり、成績判定最終学年。
頑張ってもらいたいですね。

芸名の中で目を引く「鳳」の字、気になりませんか?

じつは彼女の芸名は、宝塚でも代表的・伝説とも言える男役スターの一人「鳳蘭」さんの命名なのです。

鳳蘭 <出典:ticketcamp.net>
鳳華はるなさんは、2008年に鳳蘭さんが「大好きな宝塚の恩返しがしたい」という事で校長となって開校した「鳳蘭レビューアカデミー」での宝塚音楽学校合格第一号。

 

校長である鳳蘭さんが、ご自分の「鳳」の字と鳳さんの舞台姿「」にあやかって付けた芸名との事です。

名前に負けない華やかな姿、舞台人としては重要なポイント!

大勢の中でも鳳華はるなさんはその華やかさで目を引きます。

 
師匠である鳳蘭さんの「華」をさらに引き継いで貰いたい鳳華さん、今後が楽しみな一人ですね。

カテゴリー
タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!