5,803 views

新人公演卒業、演技派の雪組男役・和城るなさんのプロフィール

本公演の他に新人公演といって本公演と同じ演目を研究科7年生までが出演できるシステムが宝塚歌劇団にはあります。
つまり研7までは新人と言われるのが宝塚歌劇団です。
いよいよ研7が終わり新人公演を卒業した和城るなさん、今後の期待を込めてプロフィールをまとめてみました。

 

演技に定評あり!和城るなさんのプロフィール

和城るなさんは2007年に宝塚音楽学校に入学、2009年に宝塚歌劇団に入団の95期生です。

和城るな <出典:kageki.hankyu.co.jp>

 

出身が大阪府守口市、愛称は「プチ」「LUNA」と呼ばれる男役のタカラジェンヌで身長168cm、8月16日生まれの蟹座です。

初舞台・宙組「薔薇に降る雨/Amourそれは・・・」大和悠河&陽月華のさよなら公演を経て、その後雪組に配属され、現在に至ります。

 

95期は若手ホープの宝庫なんです


2009年に歌劇団に入団した45名、これが95期となります。
すでに愛希れいかさん(月組)・妃海風(星組)・実咲凛音(宙組)娘役トップを輩出し、男役もホープが多く激戦区、実力者揃いの学年です。
音楽学校時代から95期の中で揉まれた和城さん、着実に実力を重ねてきています。

 

コミカルな役が得意!存在感が光るLUNAさん

新人公演は、普段ない大きな役の貰えるチャンスの場所。
その中で和城るなさんは「Shall we ダンス?」ではダンス教室のセクハラ生徒(本役・大澄れいさん)、「ルパン三世」では宝石商(本役・透真かずきさん)をコミカルに演じ好評を得ます。

Shall we ダンス? <出典:archive.kageki.hankyu.co.jp>

 

実は宝塚ではシリアスな役は得意でも、喜劇になると「?」が付く生徒さんは意外に多いのです。
受けを狙いすぎても駄目、独特のセンスと「カッコよさ」を捨てられる潔さが必要なのかも知れません。
その両方を備えているのが和城るなさんですね。

 

いよいよ新人公演卒業です

新人公演卒業となると、いよいよ新人も終わり中堅となります。

本公演1本となり、役も大きくなってくるのです。特に男役は「男役10年」に向けてステップアップの時期。

新人公演時代にコミカルな役もできるとアピールできた和城るなさん、演技派としての本領を発揮してもらいたいですね。
今後が楽しみです。

 

カテゴリー
タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!