今日からサク読み!トレタメアプリ


仙名彩世さんといえば、花組でとても勢いを感じさせてくれる娘役ですね。天性の美貌と知的な雰囲気が魅力ですが、それもそのはず音楽学校を首席で卒業したという正真正銘のエリートなのです。

仙名彩世さんってどんな人?今からでも遅くない、保存版のプロフィール情報です。


仙名彩世




宝塚音楽学校を首席で卒業、そして花組一筋

仙名彩世さんは2006年に宝塚音楽学校に入学、2008年に宝塚歌劇団に入団した94期生の娘役です。入団時の成績はなんと首席!もちろん入団時の成績は必ずしもその後の活躍を約束するものではありませんが、成績上位者が活躍することが多いのは事実ですよね。

仙名彩世さんの記念すべき初舞台は、月組公演『ME AND MY GIRL』。その後花組に配属されますが、一度も異動はなくそのまま花組でキャリアを積み重ねています。花組は宝塚の中でも中心的な存在なので、そこから異動もなく活躍を続けているあたりも、さすが首席のエリートです。

ME AND MY GIRL



仙名彩世さんの魅力と言えば演技力ですが、それが評価されて2014年の『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-/TAKARAZUKA ∞ 夢眩』ではエトワールに抜擢されています。

演技力に加えて歌唱力にも優れた仙名彩世さんは、まさにオールマイティのタカラジェンヌなのです。くどいようですが、やはりエリートは違いますね。

仙名彩世



1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

花組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!