7,851 views

瑠風輝の新人公演これまでの活躍を振り返る

瑠風輝さんは、新人公演で主要な役どころを次々と射止め、大活躍していますね。

これまでの活躍をファンの感想を交えて振り返りながら、その魅力に迫っていきましょう。

■「王家に捧ぐ歌」ウバルド役
瑠風輝というスターの輝きに多くの人が気づいたであろう、「王家に捧ぐ歌」のウバルド役。祖国を思う心情や、野心にも満ちた目のギラツキを的確に表現していました。

黒塗りの精悍さや立ち姿のかっこよさに、「あのスターは誰!?」と驚く感想が多かったです。

■「シェイクスピア」シェイクスピア役
シェイクスピア 瑠風輝
出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ
タカラヅカ・スカイ・ステージ「Shakespeare ~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~('16年宙組・東京・新人公演)」より

新人公演で初主演となった「シェイクスピア」。改めて、瑠風輝さんの”スター性”がはっきりした新人公演でした。

まず、スタイルが良くてお衣装がどれも似合う!時代背景もあって、ちょっと珍しい形のお衣装も多かったのですが、難なく着こなしていました。

そして、朗々とした歌声。
特に、メインテーマとも言える「Will in the World」での大劇場を包み込むような歌唱は圧巻でした。

新人公演時代は、まだ”男役の声”が成長途中で、歌唱力が今ひとつ…ということも多いのですが、瑠風輝さんに関してはその心配はなかったです。
シェイクスピア 新人公演
出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ
タカラヅカ・スカイ・ステージ「新人公演ステージトーク『Shakespeare ~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』「瑠風輝・遥羽らら」より

また、相手役の遥羽ららさんは同期ということもあって、自然体でのびのび演じられていたことも良かったのでしょう。

新人公演レベルを超えた新人公演では?という声もよく聞かれるほど大好評の新人公演でした。

1 2 3 4>>

2 / 4

この記事をみんなにシェアする

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!