今日からサク読み!トレタメアプリ


月組トップスター龍真咲さんの退団公演となる大劇場公演「NOBUNAGA 信長-下天の夢-」そしてショー「Forever LOVE!!」。
月組 NOBUNAGA
お芝居はなにより龍さん自身が演じてみたいと待望していた織田信長役を宝塚人生の締めくくりにできるとあって、龍さん自身もそしてファンもその内容に大きな期待を寄せていました。

実際に観た方の感想をたよりに今公演のみどころを明らかにしていきます!

お芝居なのにまるでショー仕立て?「NOBUNAGA」

織田信長は誰もが知っているように戦国時代の歴史上多くの人々の心をゆるがずヒーローでありこれまで数々のドラマや舞台、もちろん宝塚歌劇の中でも何度か演じられている役です。
月組 NOBUNAGA
ですから、その語りつくされたともいえる信長を、どのような切り口でみせるかが舞台の成功にそのままつながります。

この月組の信長はいわば系統立ったお芝居の常識をくつがえしたまるでショーの一場面のようなアクティブな舞台。

冒頭、有名な「敦盛」を白い衣装で踊る龍信長。そして次のシーンは一転してロック調の音楽とともに信長を囲む戦国武将たちが踊りながら登場します。
月組 NOBUNAGA
まさにこの意外性と大胆さが、龍さんと信長の共通点という象徴のようです。



1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

月組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!