BABYMETALもここから生まれた!さくら学院の派生ユニット「部活動」って?

さくら学院は小中学生からなるアイドルグループで、中学を卒業すると同時に卒業になるので、在籍しているメンバーは15歳が一番年上になります。グループ全員が集まって活動をするときもありますが、普段はクラブ活動ごとに行動しておりバトン部、新聞部、重音部、クッキング部、帰宅部、テニス部、科学部、プロレス同好会、購買部があります。

さくら学院 <出典:candypot.jp>



重音部が予想を超えて世界的ヒットに!

さくら学院の中で最も人気があるクラブ活動が重音部で、BABYMETALが世界のヘビーメタル界で注目されています。

BABYMETALのメンバーは、中元すず香(SU-METAL)、水野由結(YUIMETAL)、菊地最愛(MOAMETAL)の3人で構成されています。全員規定の年齢を超えたので卒業生扱いになっていますが、さくら学院として活躍していました。

卒業してもBABYMETALとして在籍しており、代表曲に「イジメ、ダメ、ゼッタイ」「メギツネ」「ギミチョコ」などがあります。イギリスやアメリカなど海外でも注目されており、世界的ヒットになっています。

babymetal <出典:bmparadise.blog.jp>


クラブ活動の中でもメンバーの多いバトン部


バトン部は2010年10月に結成しており、初代メンバーは武藤彩未、飯田來麗、堀内まり菜、杉崎寧々、佐藤日向、水野由結、菊地最愛が参加しています。

クラブ名はTwinklestars(ティンクルスターズ)で2011年7月6日に「プリーズ!プリーズ!プリーズ!」という曲でメジャーデビューしています。

Twinklestarsはキラキラした星たちの集まりのようなユニットになることを目的に作られています。引退したメンバーもいるがその後、野津友那乃、倉島颯良、山出愛子が加入して新たなバトン部で活躍しています。


Twinklestars <出典:www.cdjournal.com>




メンバーは複数のクラブ活動を兼任しています

さくら学院のメンバーは、ひとつのクラブだけでなく複数のクラブ活動を平行して行っています。

例えば堀内まり菜だと、バトン部、クッキング部、帰宅部、テニス部、科学部の5つの部に入っていました。

BABYMETALの中元すず香は重音部だけですが、水野由結と菊地最愛は重音部の他にバトン部とクッキング部に所属しています。

メンバーの在籍が多いのはバトン部のTwinklestarsで、次に多いのがクッキング部のミニパティやテニス部のPastel Wind、帰宅部のsleepieceです。

sleepiece <出典:tumbnation.com>



イベントではクラブ活動ごとに活躍しています

さくら学院は2010年11月に多くのクラブが結成されました。後からできたテニス部や科学部は2012年に結成され、プロレス同好会や購買部は2014年に結成されています。クラブ活動ではテーマに沿ってそれぞれ曲を出したりイベントで活躍しており、アイドルグループの中でも注目されています。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アイドルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!