18,125 views


トップスターの相手役も! スター娘役として確かな存在感

月組に移籍してからも、活躍ぶりは変わらず。2015年のバウホール公演「Bandito(バンディート)-義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-」もヒロイン。

主演が同期の珠城りょうさんだったので、ご本人たちもとても嬉しかったのではないでしょうか?

そして2015年の宝塚大劇場公演「1789-バスティーユの恋人たち-」では、ヒロインのオランプ役。
1789-バスティーユの恋人たち- 早乙女わかば出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ TCAブルーレイ・DVD&C 月組『1789―バスティーユの恋人たち―』より
トップ娘役の愛希れいかさんがヒロインというより主演に近い立場だったので、オランプ役は実質ヒロインでした。海乃美月さんとのダブルキャストでしたが、たおやかな風情が恋に苦しむ女性に似合い、やはりヒロインタイプであることを印象付けていきました。

しかし、この時点ですでにもう上級生。2017年には同期の珠城りょうさんがトップスターとなります。そのお披露目公演「グランドホテル」でも重要な役の1人、フラムシェン役でした。

この後も一人の娘役スターとして進んでいくのか、はたまたどこかのトップ娘役に抜擢されるのか…。ちょうど、星組でよく相手役を務めていた真風涼帆さんがトップスターに昇進するか?という頃でしたし、同期の仙名彩世さんもトップ娘役に昇格した頃でした。

見るからにヒロインの容貌なのに、パンっと前に出てこれないもどかしさがあったのも事実。


最終的に彼女が出した答えは「退団」でした。

トップ娘役になることはできなかったけど、真のヒロインの佇まいを見せてくれた早乙女さん。

歌劇誌の真風さんとの対談で、「上級生の方々から自分が教えていただいたことを月組の下級生に繋げていきたい」と話されていましたが、ご自身が培ってきたヒロイン力、娘役としてのあり方をしっかりと見せて退団されるのではないかと思われます。


1 2 3>>

2 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!