2,330 views

西武 VS ロッテは埼玉県と千葉県との代理戦争!?

西武ライオンズと千葉ロッテマリーンズは同じ関東地方に本拠地を置くパリーグの二つのチームはライバル関係にあります!

埼玉vs.千葉シリーズ <出典:matome.naver.jp>

「 あれ、いつの間に? 」と思っている方もいることでしょう。
この二つのチームがライバル関係となった原因を今回は詳しくご紹介させて頂きます。

野球人気を取り戻すための“ 代理戦争 ”


現在、関東地方に本拠地を置く野球チームは西武とロッテしかありません。
人気低迷が叫ばれる野球界において、同じ関東地方のチームが“ あえて ”ライバル関になることで、かつてのような野球人気を取り戻そうということで、2013年から2014年まで『 西武VSロッテ 』の対戦を『 埼玉VS千葉ライバルシリーズ 』と銘打って大々的に宣伝がされていました。

西武 ユニフォーム <出典:www.seibulions.jp>

しかも、両チームの対戦の際に着られるユニフォームにはそれぞれの県章をデザインされたものに変更され、この対戦企画はまさに埼玉と千葉との代理戦争の様相を呈するようになったのです。




浅からぬ因縁をもつ二つのチーム

『 巨人VS阪神 』の試合は因縁の戦いとして、数々の名勝負を生み出してきました。
野球ファンの間では、たとえ二つのチームが自分のご贔屓のチームでなかったとしても、対戦の結果が気になるという人も少なくないようです。
巨人VS阪神
<出典:hanshintigers.jp>

もちろん、それは西部とロッテも同じです。
野球の表側も、裏側も二つのチームは因縁があり気になる方は西部VSロッテの『 遺恨騒動 』で調べてみてください。

 

乱闘がらみの因縁もあった

同じ関東を拠点とする両チームですが、ライバル関係となった原因のひとつには西武とロッテの野球史に残る“ 因縁の戦い ”があるからなのです。

死球からの乱闘に発展した外国人選手ベニーによる細川選手への「 首投げ事件 」や平沼選手対番長清原選手との乱闘が起こった「 清原ヒップアタック事件 」など乱闘がらみの因縁もあって、対戦企画が立ち上がる前からピリピリとしたムードが漂う場面もあったようです。
埼玉VS千葉 <出典:www.marines.co.jp>

今年も両チームから目が離せません!

2013年から2014年までの対戦企画のおかげで、野球ファンの間ではすっかりライバルとしてお馴染みになった両チーム、今年はどのような“ 代理戦争 ”を見せてくれるのか楽しみですね!

カテゴリー
タグ 野球

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スポーツの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!