惜しまれながらも解散してしまったLUCHe.を偲ぶ名曲ランキング、トップ3

LUCHe <出典:http://es.fanpop.com/clubs/jrock/images/33453562/title/luche-photo>


LUCHe.(ルーチェ)が、2015年5月31日をもって、惜しまれながらも解散してしまいました。
ヴィジュアル系バンドの中でも「キラキラ系」というジャンルを確立、見事にその中心を走ってきたバンドだけに、これは事件です!

そんなLUCHe.が音楽シーンに記してきた軌跡を名曲ランキングともに振り返ってみましょう!

 

■まずはLUCHe.のメンバー紹介

もう解散してしまったバンドですが、LUCHe.のメンバーを紹介しましょう。

ボーカルは斗真さん、望弥さんとひかるさんがWギター、ベースはゆたかさん、ドラムスはリノさんという5人組です。
なお、ギターのひかるさんは2015年1月末で脱退しているので、解散時点では4人組体制となります。

LUCHe <出典:https://puresound.co.jp/user_data/sp_artist_profile.php?aid=luche>

ルックスは「キラキラ系」なのでポップなバンドかと思いきや、音楽性はゴリゴリのV系ロックそのもの!
ツインギターなので音の厚みもしっかりとある本格派なんです。音楽性だけを取っても、やっぱり解散してしまったのがもったいない!

 

 

■LUCHe.の名曲ランキング トップ3


それでは、いつまでも記憶しておきたいLUCHe.の名曲トップ3をランキングで紹介しちゃいましょう!

 

1位 Heartless
オリコンチャートのインディーズシングル部門で週間チャート9位にランクインしたスマッシュヒット曲。LUCHe.にとって一番ヒットした曲になりました。ジャケ&編集が異なる3パターンのシングルを発売したので、ファンなら3つ全部持っているはず?

2位 七色story
記念すべきLUCHe.のファーストシングル。V系ロックでは珍しいポップなタイトルと歌詞、それを爽やかに歌い上げたナンバーです。LUCHe.のキラキラワールドのイメージ通り♪

3位 ALIVe.
オリコンのインディーズシングル部門、週間ランキングで20位を獲得した、LUCHe.にとっての出世作です。キラキラ系バンドにふさわしい派手なPVとステージパフォーマンスによってヒットを獲得しました。このALIVe.から、その後のLUCHe.の世界観が決まったんじゃないかと個人的に思っています。

■やっぱり、解散してしまったのはもったいない!


LUCHe <出典:http://visual-crusade.com/artists>

LUCHe.のキラキラした世界観は、この楽曲を見ていてもしっかり伝わってきますね。
他のヴィジュアル系バンドにはないこのオリジナリティ、やっぱり解散してしまったのがもったいないですよね!!

カテゴリー
タグ LUCHe.
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!