今日からサク読み!トレタメアプリ


ベルサイユのバラ


宝塚にとってベルばらってどんな存在?

宝塚歌劇団のファンからすれば「 ベルばら 」は宝塚を代表する演目で「 宝塚のベルサイユのばら 」を観ずして塚ファンを語るのはモグリだと言う人もいるほど、宝塚を代表する演目です。 若い人の中には、知らない人もいるかも知れませんが、もともとは池田理代子の同名漫画『ベルサイユのばら』が原作で、1974年のw初演以来再演を繰り返し、通算観客動員数はなんと500万人を突破!

それだけ人気の高い演目であるため、宝塚にとっても”切り札 ”的な存在で、「 ここ一番の真剣勝負 」というときに上演されることが多いのだとか。

塚ファンにとっての『 ベルサイユのばら 』とは?


宝塚ファンの中でも、特別な意味を持つベルサイユのばら。ただ、その脚本に対しては、塚ファンの中でも評価が分かれるところなんだとか。 ストーリー全体を追ってしまうと、どうしてもスッキリしない部分があったり、キャラクターの行動が理解できなかったりと、人によっては理解し辛いストーリの流れになっているのだとか。

一場面の流れをしっかりと把握し、事前にベルばらの知識を詰め込んでおけば、楽しめる演目ではあります。 ただ、その話の内容も演じられるタカラジャンヌたちに大きく影響されるようで、ここ最近はかなりの高評価で幕を閉じていることが多いのだとか。

ベルサイユのばら


大人気の演目!ベルサイユのばらのチケットは取れる?

宝塚の代名詞であるベルばらですが、何度も宝塚歌劇団に行って生で見てきた往年のファンの中には「 お腹いっぱい 」という人もいるようですが、それでもチケットは取りにくい演目のひとつです。
ミュージカル初心者にもおススメの演目として紹介されていることもあり、チケットを取るのは意外と難しいです。しかし、S席でなければ、チケットをとるのはそれほど難しくはないので、常に宝塚情報をチェックしていれば、かなりの確率でチケットを手に入れることができるでしょう。

これから宝塚デビューを考えている方に、ぜひおススメの演目なので、ぜひ見に行かれてみてはいかがでしょうか?

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!