SEVENTEENの中華兄弟、ジュン&ミンハオの激萌エピソード

知らない国で働くこと。
通じない言葉、異なる文化、馴染めない環境・・・きっと私たちには想像もできないほど心細いことでしょう。
そんな困難の中、異国の地でデビューした2人の中国人がいます。
2015年、アッキンダで華々しいデビューを飾り、今や人気アーティストの仲間入りを果たした13人組ボーイズグループ「SEVENTEEN」。
今回は、SEVENTEENの中国人メンバー、ジュンとTHE8(ディエイト)、2人の堅い絆が分かる感動的なエピソードをお届けします。




■第一章:ジュンとミンハオ(THE8)の出会い


まずは簡単なプロフィールからご紹介。


本名:ムン・ジュンフィ / 준 / 문준휘 (中国人)
生年月日:1996年6月10日
血液型:B型
身長:180cm
体重:63kg
趣味:ドラム・ピアノ・美術・スマホ読書(寝るまで読む)

ジュンフィ <出典:prcm.jp>




韓国名:ソ・ミョンホ / 서명호
中国名:シュー・ミンハオ / 徐 明浩
国籍:中国
生年月日:1997年11月7日
血液型:O型
身長:178㎝
体重:53㎏
特技:タンブリング・中国語・中国舞踊
ロールモデル:SUPER JUNIOR パク・ジェボム

ミンハオ <出典:soraouji.com>



ジュンはもともと中国で子役として活動していました。決して裕福ではない家庭で育ったジュンですが、中学生の時に両親が離婚。
母親が女手ひとつで子供を育てるために夜通し働くなど苦労しているのを見て、自分が母親を助けたいと思うようになります。

ジュン <出典:diodeo.jp>
(にしてもイケメンすぎる・・・)


また、ひとりで頑張る母親を見て、母親に幸せになって欲しいと、当時ジュンの母が親しくしていたという男性に「僕のお父さんになってください」と頼み込んだそう。
それを期にその男性と母親は再婚。後に父親違いの弟が生まれました。今でもその弟を恐ろしいほど溺愛する愛情深さを見せています。


ジュン弟 <出典:hatenablog.com>


その後も中国で俳優をしながら家計を助けていたジュンですが、スターになってさらに楽な生活にさせてあげられれば、と韓国に行き、大手事務所・SMエンターテイメントのオーデションを受けます。
しかし、結果は不合格。それでもなんとか夢をつかみたいと次に受けたのが、現事務所のPledis。そこで晴れてPledisの練習生になりました。





THE8ことミンハオは、4、5歳から中国伝統武術を習っていて、中国では年齢が一番低いB-Boysのチームに所属していました。
ブレイクダンス、ダブリング、アクロバットといろいろな種類のダンスを物にする天性の才能で、B-Boy大会に参加すると必ず何個も賞をかっさらっていく、当時のB-Boy界では名の知れた存在。


ミョンホ <出典:hatenablog.com>


昔からスーパースターになりたいと夢見ていたダンス馬鹿な野心家の少年は、ひょんなことから当時中国でも大ヒットしていたK-POPの世界で成功したいと韓国へ。


そして、縁がありPledisの練習生になります。まだまだ韓国語の能力は不足していましたが、瞳の奥で燃える野心とダンスの才能が、社長の目に止まったのです。



ジュンとTHE8 <出典:sebuti.com>



そうしてジュンがPledisの練習生になってから約1年2ヶ月後、ひょっこりと現れたミンハオという少年との出会いを果たしました。









■第二章:孤独な日々、それでもずっと一緒


後に、ジュンは練習生として2年7ヶ月を、ミンハオはSEVENTEENメンバーとしては最短の1年5ヶ月を過ごすことになります。
その頃にはSENENTEENの前身であるPledis練習生メンバーが集まって、来るデビューのために懸命な練習を続けていましたが、ジュンとミンハオだけは2倍の努力を強いられることに。
それもそのはず。彼らにはコミュニケーションを取ることさえ難しい状況が幾度となく訪れたのです。


せぶち <出典:lineq.jp>



先にSEVENTEENメンバーに合流していたジュンは、たったひとりの中国人として試行錯誤しながら勉強を繰り返し、なんとか会話が成立するまでに韓国語が上達していました。
しかし、やっぱり外国人であるという壁は厚く、時に言われようのない孤独感に苛まれ、押しつぶされそうになっていたのです。
メンバーは優しかった。けれど、彼にはずっと不安や孤独がつきまとっていました。

そんな時、SEVENTEENのメンバーとして最後に合流したのが、のちにTHE8としてデビューすることになるミンハオでした。


ジュンとミンハオ <出典:ifunny.co>



最初の頃、ほとんど韓国語が話せない中国人メンバーの加入に、メンバーたちは戸惑い、ミンハオもまた、慣れない環境でのストレスで、上手く馴染めずにいました。
しかし、ジュンは自分と同じ地からやってきたもう一人の中国人メンバー、ミンハオの加入を誰よりも喜びました。

それからミンハオとジュンは多くの時間をともに過ごすことに。
宿舎でのルール、分からない言葉、メンバーの性格やコミュニケーションのとり方。先に合流していたジュンは、色んな事をミンハオに教えます。
今でも誰より早く起きて何も言わずメンバー分の朝ごはんを用意したりと、かなりの世話好きであるジュンは、離れて暮らす弟とミンハオを重ねて見ていたのかも知れません。


THE8ミョンホ <出典:tumblr.com>



そしていつしか、ジュンとミンハオの間には強い絆が生まれました。
ミンハオはどうしても我慢できないほど辛いことはジュンにだけ話すそうです。本当の気持ちは、自分の言葉で話したい。
そんな時、母国語である中国語が通じるジュンは、ミンハオにとってお守りのような存在でした。
そんな経緯があったからこそ、この2人には互いを信頼しているのが強く伝わってくるのです。









■第三章:言葉の壁。ジュンとミンハオの約束

練習生として韓国人メンバーに混ざり、必死に練習を続ける日々。時間があれば韓国語を教えあったり、メンバーとコミュニケーションをとったりと、13人全員との絆も次第に深めていった中華兄弟。
2人はまるで本当の兄弟のように、顔を見なくても相手がどんなことを考えているか分かる空気感を持っていました。
しかし、メンバーの言ったことが聞き取れなかった時。自分だけリアクションが出来なかったりと、やはりそこにはまだ言葉の壁が立ちはだかっていたのです。



ミョンホ <出典:korepo.com>


ミンハオは特にそうでした。
なかなか上達しない韓国語に焦りを感じ、上手くコミュニケーションが取れずに何度悔しい思いをしたか。
必死に頑張っていても、どこか表情は曇っていて「掴みどころのない不思議な子」と認知される羽目に。それはまるで、何かに怯える犬のような幼気な瞳でした。

しかし、実際にはみんなに伝えたいこと、話したいことがたくさんある。
韓国語が上手く話せなくて、自分が思っていることをそのままに伝えられる術がないだけだ。
本来のミンハオは、野心家で目立ちたがり屋で明るい、そんな子なんだと一番先に分かっていたのは、やっぱりジュンでした。



せぶちジュン <出典:ameblo.jp>



発売したCDの1ページに、ミンハオが記した中国語の文章があります。

あっという間に帰り道です。
車の窓に映った月は、疲労を感じつつも、幸せに満ち溢れた僕らの顔を照らしています。
目を閉じてその時のことを思うと、まるで夢のようです。
メンバー達と一緒にいばらのジャングルを巡って〜一緒に海で水切りをしたり〜一緒に小さな部屋で寝そべって色々な事を話したり...
美しい時間はこんなにも短いんだね。
この短い時間の中で、僕のそばにははこんなに沢山の仲間がいるってわかったよ。
本当に、本当に幸せだよ。



メンバーと旅をした時のことが、こんなにもきれいな言葉で綴られています。
ミンハオは、とっても綺麗な言葉を知っていて、みんなにそれを伝えるために、一生懸命努力してると知った時、ジュンも心からミンハオを支えたいと思ったそうです。

そこでジュンとミンハオはこんな約束をしました。

「中国人だからこそ、2人でいる時も韓国語で会話をしよう」
それは2人がグループに一刻も早く馴染むための約束であり、韓国で生きていくための決意でした。2人きりでいても、韓国語で話せばお互いの上達を手助けできる。
お互いが大切な存在だからこそ、甘えるのではなく切磋琢磨していこうと決めたのです。


ジュンミンハオ <出典:hatenablog.com>


後にメンバーのひとりであるホシは「ジュンとTHE8が韓国語でお互いをからかったり冗談を言い合っていて驚いた。あいつらはいつの間にかここまで韓国語がうまくなったんだと。彼らはもう立派な韓国人だ!」と話しています。
2人の努力は、きっとこれからもずっと続いていくことでしょう。










■最終章:ジュンとミンハオはBEST OF チャイナライン!




ミンハオ 「昨日ご飯食べたよ」
ジュン 「ん?どんなご飯?」
ミンハオ「チャーハン」
ジュン「どんなチャーハン?」
ミンハオ「エビチャーハン」
ジュン「どんなエビチャーハン?」
ミンハオ「しつけぇなwwwwうるさい黙れ」
ジュン「んもう~~どんなご飯食べたかちゃんと説明しなきゃダメだよ?」

これが端的に2人の関係が分かる動画です。ここまで感動的な絆を語ってきただけに「え?実は仲悪い!?」「ジュンの一方通行なの!?」と思われてしまうかも知れません。
しかし、ミンハオはジュンのことを信頼しているからこそのこんな態度。
実はものすごく気にしいな性格で、遠慮してしまうことも多いミンハオですが、ジュンにはありのまま自然体の姿でいられるです。こんな姿を見ていると、2人はまるで血を分けた本当の兄弟のよう。


ジュンミンハオ <出典:twisave.com>


ジュンもミンハオには積極的に絡んでいきますし、韓国の祭日で韓国人メンバーが家に帰ってる時は、2人で遊んだりととても仲良し。?
ジュンにはちょっとツンデレで、ぶっきらぼうになってしまうミンハオと、そんな彼が可愛くてますます手を焼きたくなってしまうジュンの関係は、まさにBEST OF チャイナライン!

今後の展望として、ミンハオは母国である中国進出も狙っているそう。中国でも有名になりたいと願えるまでに強くなれたのも、側にはいつも助けてくれるジュンの存在があったからこそです。


SEVENTEEN <出典:intagrate.io>


これからも2人一緒にSEEVENTEENのスパイスとして活躍してくれること間違いないでしょう。13人という大所帯で奮闘する2人のチャイナラインを今後も応援してください^^

タグ SEVEN TEEN
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!