今日からサク読み!トレタメアプリ


若手男性声優戦国時代と言っても過言ではない昨今。その中でも順調に活躍の場を広げているのが白井悠介さんです。

特技は形態模写で、イベントに出演すればいつも愉快な動きと面白い切り返しで場を沸かせる彼。

いわばどんなときも大ホームランを打ってくれる「4番バッター」かつ「三枚目」という印象が強い白井さんですが、彼があまり表に見せない隠された一面には様々な苦労が。

高校卒業後から夢を追いかけ続け、長い下積み時代を経て25歳で声優デビュー。

何よりもそんな苦労人な姿を見せず、いつも三枚目に徹するエンターテイナーな部分が白井さんの1番の魅力。

今回はそんな白井悠介さんのプロフィールをご紹介します。

アイキャッチ画像の出典:©1日1きゅん!@ファミ通乙女‏ 公式Twitter(@girlsApp_m) より

実はめちゃくちゃ真面目で努力家、白井悠介さんのプロフィール!


白井悠介 梅原裕一郎 河本啓佑
出典:©声優男子ですが・・・?(公式)‏ (@seiyu_danshi) より
白井悠介さんは1986年1月18日生まれの長野県出身。実家は画材屋さんだそうで、こちらは白井さんが育った佐久市の公式ホームページにも紹介されています。

あだ名は「しらいむ」や「ホワエティ」など。ちなみに、本人は以前の生放送時に、エゴサがしやすいのでしらいむという呼び方がいいと話していたそうです。

▷▶声優になるまで

小さい頃からアニメが大好きだったという白井さん。お兄さんと一緒に「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」を見たことをきっかけにさらにアニメやゲームの世界にのめりこみ、やがて声優という職業と出会います。

お兄さんが先に声優を目指していた影響により、自分も自然と声優になることを考えていたそう。

ちなみにお兄さんは事務所の先輩・逢坂良太さんと養成所の同期。(白井さんはランズベリー・アーサーさんと養成所の同期。)

高校卒業後すぐに上京し、専門学校、そしてナレーターの養成所に通うも途中で退所。その後俳優を志したり、映像関係の別のお仕事をしたりと、自分の将来を模索していた中でもやはり声優への憧れを消せずにいた白井さんは、再度別の養成所へ挑戦するも査定で不合格に。

その後再度別の専門学校に通い直してようやく現在の事務所のオーディションに合格。白井さんの声優デビューは25歳。最初に声優を志してから既に7年が経過していました。

事務所所属後もオーディションに50個以上落ち続けたという白井さん。声優とバイトの掛け持ちが続く中で、30歳を目前にして声優を辞めることも考えたという白井さんがやっと手にした役、それが彼を一躍有名にした「美男高校地球防衛部LOVE!」の鳴子硫黄。

白井さんがいかに諦めず、ひたむきに努力を続けてきたかがわかりますよね。

▷▶代表作

次に代表作ですが、

鳴子硫黄(美男高校地球防衛部LOVE!)
若里春名(アイドルマスター SideM)
二階堂大和(アイドリッシュセブン)
碓氷真澄(A3!)

などが挙げられます。

これまで若里春名や二階堂大和など、みんなをまとめるお兄さんキャラクターを演じることが多かった白井さん。しかし、最近では可愛くあざといヒプノシスマイクの飴村乱数やクールなA3!の碓氷真澄など、どんどんと演技の幅を広げています。

一度聴いたら忘れない特徴的な声質でありながらも、どんなキャラクターにも馴染む声と演技が魅力です。

▷▶好きなもの

出典:©白井悠介 公式Twitter(@shirai_universe) より
白井さんの好物はコーラと回鍋肉、ビーフジャーキー。

コーラについては効きコーラができるほど!
イベントでも、他の共演者はお水なのに白井さんは1人コーラを持参し飲んでいる…というのが通常運転。

しかし、最近はダイエットのためコーラを一日一本にして、さらにダイエットコーラを選んでるそう。

他には麻雀が大好きで、寺島惇太さんや山本和臣さんが主な麻雀仲間。先日も学園祭イベントに出演する前日に徹夜で麻雀をしてきたことを明かし、来てくれたお客さんを驚かせていました。


1 2 3 4 5>>

1 / 5

コメントを見る

1 件のコメント

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!