しょこたんこと中川翔子のおすすめシングルランキング

「中川翔子」は子役として芸能界デビュー後、バラエティ、アイドル、声優、イラストレーターと活動の場を広げながら活躍を続けています。「しょこたん」の愛称で幅広い年齢の男女に愛されている彼女は、歌手としての活躍も目覚しく、数々の名曲をリリースしています。

今回はマルチタレントとしての彼女の魅力をお伝えするとともに、歌手「中川翔子」にスポットライトを当てて、おすすめシングル曲ランキングをご紹介します。


◆中川翔子の幅広い芸能活動

最近ではマルチな活躍の目立つ彼女ですが、大きな飛躍を遂げたのはグラビアアイドルの登竜門「ミス週刊少年マガジン2002」でした。その後はアイドル、バラエティと活躍の場を着実に広げていきます。バラエティ番組に出演すると、「自分」をしっかり持った独自の価値観から生まれるユニークな意見や、何事にも一生懸命に取り組む姿勢で人気を博しました。また、趣味のアニメ・マンガ・特撮ヒーローについては造形が深く、オタクとしての一面があることも広く知られています。世間ではそれまで否定的に見られることことの多かった「オタク」のイメージを一新した立役者の一人といってもよいでしょう。最近では、歌手活動の他にも声優など、「声」を使った仕事を多くこなしています。



中川翔子 <出典:topicks.jp>




◆中川翔子の魅力とは?

誰でもひと目で感じ取る、しょこたんの「人柄の良さ」と「親近感」は彼女の大きな武器でしょう。聞き手に様々な想いを伝える歌手という仕事は、彼女にとってまさに天職と言えます。


中川翔子 <出典:matome.naver.jp >








◆おすすめシングルランキング



中川翔子 <出典:news.livedoor.com >



第6位 「ドリドリ」
アニメ『ポケットモンスター XY』EDテーマとしても使用されているこの曲は、元気いっぱい&夢いっぱいの速いテンポのナンバーになっています。ハイテンポだからこそ分かるしょこたんの歌唱力の高さも見逃せませんね!


第5位 「続く世界」
失って初めて気づく気持ちや、恋焦がれて胸が苦しくなるような想いを、ハイテンポなリズムに乗せて一気に歌い上げている迫力のある一曲。曲中盤にあるギターレフもカッコいいですね。映画『劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇』の主題歌に使われました。


第4位 「snow tears」
王道の失恋バラードです。「立ち尽くして泣いた」「声が枯れるほど泣いた」など飾らない歌詞で、おもいきり泣きたい時に聞きたい一曲!アニメ『墓場鬼太郎』EDテーマにも使用されました。


第3位 「涙の種、笑顔の花」
疾走感のある情熱的なバラードです。「ずっと聴いていられる」と言う声も多く、クセになること間違いなし!映画『劇場版 天元突破グレンラガン 螺厳篇』主題歌に使用されました。


第2位 「綺麗ア・ラ・モード」
ゆったりとしたテンポのバラードで、聞いているだけでウトウトしてしまいそうになるほど心地の良いナンバーです。透明感のあるしょこたんの歌声と女の子の切ない心情がマッチした、アイドル「中川翔子」の代表曲と言っても過言ではないでしょう。


第1位 「空色デイズ」
3rdシングルにして、初めてオリコンTOP10にランクイン!10代の男の子の日常を気取らずロックに歌い上げた名曲です。そして、歌手「中川翔子」を決定付けた一曲でもあります。TBSで放送されたアニメ『天元突破グレンラガン』のOPテーマにも採用されて、アニメと共に当時大きな話題を呼びました。


マルチタレントで多彩な才能を各所で発揮するしょこたんだからこそ、スローでメロウなバラードや、ワイルドでハイテンポのロックなど、様々なタイプの曲が歌うことが出来るんですね。オリジナルのシングル曲以外にも、アニメの名曲を歌ったカバーアルバムや、他のアーティストとのコラボレーションシングルなどもリリースされています。様々な「中川翔子」を味わうことが出来ますので、興味を持たれた方はぜひ探してみてくださいね。



コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!