18,360 views

少年漫画おすすめ人気ランキング
【ミステリー・サスペンス篇】



5位『探偵ゼノと7つの殺人密室』

話題沸騰中の新作!主人公は記憶をなくした名探偵


週刊少年サンデーで2017年11月より連載がスタートした『探偵ゼノと7つの殺人密室』。記憶をなくした名探偵ゼノは、自分の記憶を取り戻すため、建築家・甲斐七楼が設計した完全犯罪が可能な7つの“殺人密室"に挑みます。

「ARMS」などを生み出したベテラン原作者・七月鏡一さんと、新人漫画家・杉山鉄兵さんによる作品。まだ連載が始まって間もないですが、すでに最も期待を集めている本格推理漫画です!


4位『未来日記』

「ヤンデレ好き」の必読マンガ!


月間少年エースで2006年から2011年まで連載されていた、えすのサカエさんによる人気コミックス『未来日記』。中学2年の少年・天野雪輝は、携帯電話の日記に未来の出来事が書かれるようになったことで、奇妙な殺人ゲームへと巻き込まれていきます……。

一度読み始めたら止まらない、ハラハラドキドキの頭脳戦が展開されるサスペンスですが、この作品の醍醐味は何と言っても、可愛くて怖い「ヤンデレヒロイン」。愛が重すぎる、ストーカー度MAXの由乃ですが、こういう属性が好きな人にはきっとたまらないことでしょう……。


3位『金田一少年の事件簿』

本格的なミステリーを味わう!


1992年より週刊少年マガジンで連載され、今でも推理漫画として圧倒的な知名度と人気を誇る『金田一少年の事件簿』。主人公の金田一一(きんだいちはじめ)は、名探偵・金田一耕助の孫という設定で話題になりました。

推理漫画としてはかなり正統派で、高度なトリックや、深く掘り下げられた犯人の動機など、ミステリー好きの大人も楽しめる作品です。現在は青年漫画誌イブニングで、『金田一37歳の事件簿』が連載されています。


2位『DEATH NOTE』

月派?L派?デスノートをめぐる熱すぎる頭脳戦!


夜神月(やがみ・らいと)、L(える)、リュークなどの人気キャラクターを生み出した人気コミックス『DEATH NOTE』。「デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という超常的な設定と、それをめぐる天才たちのリアルな頭脳戦に、日本のみならず世界中の読者が魅了されました。

優しい人間だけが生きる「新世界」を生み出すために、デスノートで犯罪者を殺していく夜神月。そして、月を追い詰めていく世界一の名探偵・L。2人の主人公の視点から描かれる高度な頭脳戦は、少年漫画のサスペンス史上最高レベルに熱くなります。まだ読んでいない人は、ぜひ読んでみてください!


1位『名探偵コナン』

見た目は子供、頭脳は大人!


今や国民的アニメとなった、青山剛昌さんによる推理漫画『名探偵コナン』。「見た目は子供、頭脳は大人」でおなじみ、子供の体になってしまった高校生探偵・工藤新一が、江戸川コナンと名乗って次々に事件を解決していく作品です。

近年は劇場版の人気が凄まじく、日本国内では圧倒的な興行収入を記録し続けています。安室透、赤井秀一、服部平次、怪盗キッドなどなど、イケメンキャラクターたちの人気も絶大です。アニメにハマった人は、ぜひ原作コミックスも手に取って欲しいですね。

週刊少年サンデーでは、大人気キャラクター安室透を主人公にしたスピンオフ作品『名探偵コナン ゼロの日常』も連載中です!

少年漫画おすすめ人気ランキング
【スポーツ篇】



5位『DAYS』

サッカー部の友情が熱い!王道サッカーマンガ!


2013年から週刊少年マガジンで連載されている人気サッカー漫画『DAYS』。2016年にはテレビアニメ化もされ話題になりました。

主人公は、何のとりえもないけれど、まっすぐな心を持った少年・柄本つくし。高校入学前に、サッカーの天才・風間陣と運命の出会いを果たしたことで、サッカーの世界へと足を踏み入れていきます……。

見どころは何とっても、つくしと陣の熱い友情!コミックス版では、アニメで描かれなかった場面も多いので、アニメファンもぜひ読んでみてください!


4位『黒子のバスケ』

「キセキの世代」の天才バスケットプレイヤーたち


藤巻忠俊さんによる大人気バスケットボール漫画『黒子のバスケ』。「キセキの世代」と呼ばれるバスケの天才たちが、それぞれの高校で白熱した試合を繰り広げる熱い作品です!

この作品の見どころは何と言っても、「キセキの世代」の天才たちによる、超人的なスーパープレイの数々。「呼吸や筋肉の動きで次の動きを先読みする」「どこからでも確実に3Pシュートを決める」「相手の動きを一目見ただけで模倣できる」など、もはや人間なのか怪しいレベルです。「幻の6人目」と呼ばれる主人公・黒子テツヤに至っては、「影が薄すぎて気づかれない」という、現実ではまずありえない特性を持っています。

とはいえ、登場するキャラクターたちはみんな個性的なイケメンばかり!オススメです!


3位『弱虫ペダル』

自転車競技に燃える男たち!


週刊少年チャンピオンで2008年より連載中の、渡辺航さんによる少年漫画『弱虫ペダル』。高校生の小野田坂道が、自転車競技を通して成長していく物語です。

仲間との絆や、ライバルと戦いなど、スポーツ漫画らしい熱い展開がされながらも、なんだかシュールで不思議なセリフの言い回しや、主人公・坂道の「歌うと速くなる」という必殺技など、どこか抜けたところがあるのも弱虫ペダルの魅力です。

キャラの個性が爆発しすぎて、顔の表情が怖いぐらい面白くなっちゃっている時もありますが……それも含めて最高の作品です!ぜひ読んでみてください!


2位『ハイキュー!!』

熱いバレーボール部の戦い!


高校のバレーボール部を舞台にした人気コミックス『ハイキュー!!』。身長162.8cmの「小さな巨人」を目指す主人公・日向翔陽が、努力に努力を重ね、仲間やライバルと共に成長していく物語です。

烏野高校男子バレー部には個性あふれる部員が集まっていますが、ずば抜けて能力の高い選手がいるわけではありません。もう一人の主人公で天才セッターの影山飛雄がいますが、彼でさえチームプレイでは上手くいかないことが多いです。

そんなどこにでもあるようなバレー部が、一つ一つ壁を乗り越えながらチームワークを高めて勝利を掴み取っていく、そこが『ハイキュー!!』の魅力だと思います。「劇的青春」のキャッチコピーに恥じないとても熱い作品です!


1位『テニスの王子様』

ぶっとびすぎ!?最高に熱すぎるテニス漫画


「テニプリ」の愛称で多くの人々から愛されている『テニスの王子様』。1999年から2008年まで週刊少年ジャンプで連載された後、現在はジャンプスクエアで『新テニスの王子様』が連載されています。

テニプリと言えば、リアルのテニスでは絶対に不可能な、人間離れしたテニス技を連発することで有名です。「もはやテニス漫画じゃない」とはよく言われていますが、なんだかアクション漫画を読んでいるような気分になります……。

とはいえ、そんなネタ要素ばかりではありません。序盤からストーリー展開はかなり熱いですし、登場人物の葛藤もしっかりと描かれています。ぶっとんだ技も含め、かなり熱いスポ魂漫画になっているので、ぜひ未読の方は読んでみてください!

少年漫画は面白い!おすすめ作品がいっぱい!

さて、おすすめの少年漫画を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?次に読む漫画を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

電子書籍やアプリなど、今はスマホでも簡単に漫画を読むことができます。面白い少年漫画はまだまだ無限にありますので、ぜひお気に入りの作品を発掘してみてください!

1 2 3

3 / 3

この記事をみんなにシェアする

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!