絶対誰か1人は知っている!超有名ミュージシャンが集う「ギタリスト会」の驚くべきメンバーたち!

「ギタリスト会」と言うギタリストの集まる会があるのをご存知でしょうか? 

「ギタリスト会」とは、毎年ロック界で有名なギタリスト達が集まって飲み会を開くという、なんとも夢のような会なのです。

ギタリスト会 2016春 <出典:togetter.com>
もともとは「LUNA SEA」のSUGUZOと「SIAM SHADE」のDAITAが2~3人のギタリストを誘って飲み会を開いたのが始まりのようです。

回を重ねる毎に人数も多くなり、豪華な面々の参加とともに、業界でも有名なイベントになりました。

その時によって参加する顔ぶれは変化しますが、毎年豪華なメンツが揃うことに変わりありません。

ヴィジュアル系ギタリストを中心にロック界の豪華な顔ぶれが一同に介する、そんな「ギタリスト会」のメンバーを一部ご紹介していきたいと思います。

◆2016年春の「ギタリスト会」の豪華メンバーを一挙紹介!

・DAITA from「SIAM SHADE」

SEO的な画像名 <出典:info.shimamura.co.jp>
SUGIZOとともにこの会の発起人でもあります。

「3分1の純情な感情」は大ヒット曲で多くのバンドにカヴァーされていますね。

氷室京介のツアーでギタリストを務めていたことがあり、またyasuのソロプロジェクトであるAcid Black Cherryにも参加しています。

その卓越したテクニックは、ロック界ナンバーワンとの呼び声も高い、多くのギタリストが憧れるスーパーギタリストです。

・YOU(足立祐二) from「DEAD END」

DEAD END you <出典:www.fernandes.co.jp>
2009年に20年ぶりに活動を再開した老舗カリスマバンドのギタリスト。

固定ファンが多く、プロの中にも多くのファンがいます。誰にも真似出来ない音を奏でる、シーンの先駆者として今なお活躍し続けています。

・青木裕 from「downy」

青木裕 <出典:ototoy.jp>
ポストロックバンド・downyのギタリスト。
過去にはSyrup 16gのサポートを努めていました。2012年からはDEAD ENDのボーカリスト・MORRIEのソロ活動のサポートにも参加。

ギタリストの他にイラストレーターとしても活動している多彩な方。downyのオフィシャルサイトのデザインも手掛けているそうです。downyというバンド名は柔軟剤由来なのだとか。





・NARASAKI from「COALTAR OF THE DEEPERS/特撮」

NARASAKI <出典:sp.natalie.mu>
近年はアイドルや声優・アニメ作品への楽曲提供やサウンドプロデュースで名を馳せる天才コンポーザー。

自身のバンド「COALTAR OF THE DEEPERS」ではボーカル・ギターを担当。
大槻ケンヂがボーカルを務める「特撮」でもハードなサウンドを聴かせてくれるギタリストです。

・ナカヤマアキラ from「Plastic tree」

SEO的な画像名 <出典:visualioner.com>
変わらないスタンスのまま独自のサウンドで進化を続け、幅広い世代から支持を集めるバンド「Plastic tree」のギタリストです。

ちなみに彼は先ほど紹介したCOALTAR OF THE DEEPERSのギタリストであるNARASAKIに絶大な影響を受けており、Plastic treeの音にもその影響が表れています。

・千聖 from「PENICILLIN」

PENICILLIN 千聖 <出典:vif-music.com>
美しいヴォーカルHAKUEIが有名ですが、ギタリストの彼も美しいとの評判。

ソロ・プロジェクトである「Crack6」ではボーカル・ギターを担当。

大のお肉好きで、「焼肉コンシェルジュ検定」にも合格したんだとか。

・薫 from「DIR EN GREY」

DIR EN GREY 薫 <出典:rollingstonejapan.com>
言わずと知れた世界に認められたヴィジュアル系バンド、DIR EN GREYのギタリストにしてメインコンポーザーです。

その類まれなるメロディセンスと構成力は唯一無二。

・AIJI from「LM.C」

SEO的な画像名 <出典:vif-music.com>
いわずと知れた伝説のバンド「PIERROT」のギタリスト。40歳を過ぎた今でもそのスマートさと美しさは健在。

彼もプレイや作曲面において天才肌な一面を見せるギタリストですね。






・TAKE from「FLOW」

FLOW TAKE <出典:iflyer.tv>
アニメのオープニング曲等ヒット曲多数で海外でも大人気のバンド・FLOWのギタリスト。

FLOWの楽曲は全て彼が作曲を手がけています。近年はDJとしても活動中。ちなみにホノルルマラソンに参加した経験もあったりします。

・結生 from「MERRY」

MERRY 結生 <出典:top.tsite.jp>
こちらも息の長い実力派バンドのギタリスト。

あだ名は「けつお」ですが、本当は(ゆう)と読みます。

・Shinji from「SID」

SID Shinji <出典:visualioner.com>
多くのタイアップ曲で高い知名度を誇るSID(シド)の太田胃散とラーメンをこよなく愛するギタリストです。

・SHINPEI from「BREAKERZ/MUSCLE ATTACK」

BREAKERZ SHINPEI <出典:www.barks.jp>
DAIGO率いるBREAKERZのギタリスト。

家事全般が得意という脅威の女子力と筋肉がすごすぎるというギャップを持つ個性派。彼のソロプロジェクトとして立ち上がったバンド「MUSCLE ATTACK」ではアーティスト写真でその筋肉を惜しみなく見せつけています。

・Yuh from「vistlip」

vistlip yuh <出典:www.vistlip.com>
若手ながらも人気、実力ともに兼ね備えたバンドのギタリストです。

・ダルビッシュP

SEO的な画像名 <出典:natalie.mu>
VOCALOIDを用いてロック調のオリジナル曲を発表しているボカロP。代表曲としてはニコニコ動画で殿堂入りを果した「Holography」などがあげられますね。

・ミヤ from「MUCC」

SEO的な画像名 <出典:gekirock.com>
彼もまた活動歴の長い大御所的バンドのギタリストですね。ジャンルに因われず音楽の幅を広げるムックのメインコンポーザー。

・圭 from「BAROQUE/kannivalism」

BAROQUE 圭 <出典:twitter.com>
「オサレ系」の先駆けとなり、後のヴィジュアル系シーンに多大なる影響を与えた「BAROQUE」「kannivalism」のギタリスト。
2008年よりソロ活動も開始しています。

◆他にも豪華なメンバーが揃っている?!

ここまでが主要なメンバーとなりますが、実はまだまだ大御所や人気バンドの豪華メンバーがたくさんいらっしゃいます!

また以前の会でも、SUGIZOはもちろんの事INORANや、「GLAY」「BUCK-TICK」のメンバーなどとんでもなく豪華な顔ぶれがずらりと並んでいます。

まさにヴィジュアル系を中心としたビッグが集まる超・豪華な飲み会のようですね!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!