31,553 views

ノーベル文学賞受賞!生きる伝説「Bob Dylan(ボブ・ディラン)」の名言と代表曲&名曲の数々

生きる伝説「Bob Dylan(ボブ・ディラン)」の名言と代表曲&名曲

ボブ・ディラン <出典:www.musicman-net.com>
ファンからは「世代の代弁者」として崇められ、メッセージソングやプロテストソングの旗手と称されることもあるBob Dylan(ボブ・ディラン)

彼はこれまでさまざまな名言を残しており、世界中から愛されるような名曲をいくつも生み出しています。

ここでは、ボブ・ディランの名言や代表曲などをご紹介します。

ボブ・ディランの代表曲&名曲

ボブ・ディラン <出典:d.hatena.ne.jp>

ボブ・ディランは1941年5月24日、アメリカ合衆国ミネソタ州ダルースで生まれました。

幼少期から音楽に親しみ、ピアノを独習していたと言われています。レコード店に入り浸り、学生時代から世界のさまざまな音楽を聴き、ハイスクール時代からは本格的なバンド活動を始めました。

1959年の夏にはアメリカのポップ歌手であるボビー・ヴィーのバンドにピアノとして加入し、ステージを数回経験しています。

その後、ミネソタ大学に入学しますが、半年後には授業に出席しなくなり、ミネアポリスで音楽活動を始めました。

1960年代に入ると彼はニューヨークへ移住し、いよいよレコードデビューを果たします。

アメリカだけでなくイギリスのロンドンなどでも積極的に音楽活動を行い、少しずつ知名度が上がっていきました。


ボブ・ディランの名言集

ボブ・ディラン <出典:www.barks.jp>
ボブ・ディランは数々の名言を残していますが、全体的には個人を尊重するような意味合いの名言が多く見られます。

代表的な言葉には、

「君の立場になれば君が正しい。僕の立場になれば僕が正しい」
や、

「僕にはヘンな癖があるけど、捨てるなんてことはしなかった。それが僕の個性なんだから」などがあります。

他にも、「最低の犯罪者とは間違ったものを目にし、それが間違っていることに気付いたにも関わらず、そこから目を背けてしまう人たちだ」や、

「ヒーローとは、自由と共に来る責任を、理解している人物のことである」のように、

人間とはどのような生き物であるかについて言及した内容の言葉も見られます。

彼の残した言葉はさまざまな状況に置かれている人達の胸に深く刻み込まれ、彼の言葉に勇気づけられたファンは世界中にたくさんいます。



ボブ・ディランの代表曲&名曲

ボブ・ディラン <出典:commons.wikimedia.org>

【1】ライク・ア・ローリング・ストーン
「ライク・ア・ローリング・ストーン」は、1965年7月20日にリリースされ、ボブ・ディラン最大のヒット曲となった作品です。

1960年代のロック変革期を象徴する曲とまで言われており、戦後のポピュラー音楽界で特に影響力のある作品の1つとして数えられています。


<出典:www.youtube.com>
節や拍子の自由度が高い点が特徴的な曲で、そこにメッセージ性の強い歌詞がつけられています。

2004年の「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では、全体の1位に選ばれました。


【2】風に吹かれて
1963年にリリースされた『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』というアルバム内に収録されている「風に吹かれて」は、アメリカ公民権運動の賛歌とまで称されている名曲です。

彼の作品の中でも愛唱されることが特に多い1曲であり、世界のさまざまな地域でこの曲が歌われています。


<出典:www.youtube.com>
全体的に3連符で構成されているこの曲の歌詞は、平和を願った内容です。

「どれだけの砲弾を発射すれば、武器を永久に廃絶する気になるのか」など、メッセージ性や印象の強いフレーズが所々に散りばめられています。


【3】天国への扉
「天国への扉」は、1973年にシングルとしてリリースされ、「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では190位にランクインしている作品です。

彼が生み出した名曲の中でも、非常に多くのアーティストがカバーしてきた曲です。


<出典:www.youtube.com>

アメリカ西部開拓時代のガンマンの死に際の心境を歌った曲ですが、ライブでは歌詞を変えて歌っていたこともあります。

エリック・クラプトンをはじめ、多くの一流アーティストから絶賛されている作品です。

おわりに

ここまで、Bob Dylan(ボブ・ディラン)の名言や代表曲についてご紹介しました。

今回ご紹介したもの以外にも、彼はさまざまな名言や代表曲を残しています。

現代のアーティストにも大きな影響を与えた人物であるため、音楽が好きな方は彼が残した名曲を1度聴いてみましょう。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ROCKの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!