トレタメ記事内画像について


41,401 views

キラフェス2016

キラフェス2017開催決定!Kiramuneのイベント「キラフェス」で予習しておきたい曲8選!

2009年に誕生した男性声優レーベル"Kiramune(キラミューン)"が、ほぼ毎年開催している「Kiramune Music Festival(キラミューンミュージックフェスティバル)」、通称「キラフェス」


今年の「キラフェス2017」で8回目を迎え、人気男性声優が集まる音楽レーベル・Kiramuneが開催する、レーベルの総力を挙げた年に1度の音楽イベントです。
Kiramuneメンバーが歌われると予想される曲を聴いたりして知っておくと、キラフェスをより楽しむことが出来ます。今回は、初めて行くときに予習しておきたい曲をご紹介します。

今までのキラフェスを見てみると、過去に歌われていない曲を中心にセットリストを組む傾向があるため、前回のキラフェス後に発売された新曲を中心に予習しておくと良いでしょう。


【1】『僕らの描く未来』(re Kiramune☆All Stars)



こちらはアンコール曲の定番となっている『Get Together!』『EVER DREAM』と同様、出演者全員で歌う曲です。
キラフェス2016の会場限定で発売された新曲であり、オリコンランキングにもランクインするなどして注目されています。

Kiramune All Starsが揃って歌う機会は数えるほどしかないため、キラフェスに行くなら必ず覚えておきたい1曲です。


【2】『シアター』(神谷浩史)




初期メンバーの一人、神谷浩史さん。幕張メッセで行われたソロライブで華麗なワイヤーフライングを披露し、会場を魅了するなど大人気の声優さんです。

神谷浩史さんはキラフェス2016で披露した『Danger Heaven?』も収録されているミニアルバム『Theater』の曲を何曲か歌う可能性が高く、リード曲の『シアター』を中心に『Fiction Factor』『影もまた真なり』など注目すべき曲が含まれているため、全体的に聴いておくことをおすすめします。

また、先日配信限定でリリースされた新曲「イズムリズム」も歌唱予定。要チェックです!

【3】『My Treasure』(浪川大輔)




日本で一番忙しい声優として名前が挙がったことのある浪川大輔さん。Kiramuneの中ではいじられキャラが定着しています。
そんな浪川大輔さんは、2017年1月に4thシングル『My Treasure』を発表するため、その収録曲を予習しておきましょう。

さらに『ファンキー☆ウェーブ』『UTAO』などネタ要素が多く、盛り上がりに定評のある曲も聴くことをおすすめします。



【4】『Start of LIFE』(柿原徹也)



柿原徹也さんは甘いマスクと深みのある歌声で注目を集めています。そんな柿原徹也さんの予習しておきたい曲は『Start of LIFE』です。
こちらは2016年12月に発売されるミニアルバム『Circle of LIFE』に収録されていますが、全て新曲で構成されているため、全曲聴いておきましょう。

また『咲いちゃいな』『ダンディギ』など、コールがある曲やライブで盛り上がる曲は比較的多く歌われているため、こちらも予習をおすすめします。





【5】『Happy memories』(岡本信彦)




岡本信彦さんは、2017年1月に1stフルアルバム『8piece(ハッピース)』をリリースします。
自身が作詞を担当している『8piece』や、PVが好評の『Happy memories』など、"8piece"の楽曲には他のKiramuneメンバーも参加しているため、メンバーからの熱い思いも込められたフルアルバムを、聴いておきましょう。

キラフェスではワイヤーアクションなどに積極的に挑戦する姿が印象的だった岡本信彦さん。これからの活躍も期待されます。







【6】『Update A Day』(Trignal)



江口拓也さん、木村良平さん、代永翼さんの3人からなる"Trignal(トリグナル)"。2017年4月にはソロライブDVDが発売されることもあり、今勢いに乗っているユニットです。

2016年12月に発売された、およそ3年ぶりとなるシングルの表題曲『Update A Day』は歌われる可能性が高いため、カップリング曲も含め聴いておきましょう。
今までの曲とはまた違ったカッコよさを魅せる3人が見れるかもしれません。PVでは見られないダンスにも注目です。

また、2016年には歌われなかった3人の自己紹介ソング『We are Trignal!!!』も予習しておくことをおすすめします。




【7】『DRAMATIC SURF COASTER』(吉野裕行)




Kiramuneで一番最後に加入している吉野裕行さんは、2016年8月に『DRAMATIC SURF COASTER』を発売したため、シングルの表題曲『DRAMATIC SURF COASTER』や、作詞を行った『シャララ』などが歌われる可能性が高く、聴いておくことをおすすめします。さらに2017年3月にシングルが発売予定であり、先駆けてキラフェスで披露される可能性が高いため、こちらも聴いておきましょう。

爽やかな曲やバラード調の曲を多く歌われている吉野裕行さん。2016年のキラフェスでは大トリを務め、会場を感動の渦に包みこみました。



【7】『デッドマグネット』(Uncle Bomb)




浪川大輔さん、吉野裕行さんからなる"Uncle Bomb(アンクルボム)"は、Kiramuneの中で最も新しいアーティストであり、着実に人気と支持を得ているユニットです。
フジテレビNEXT「Kiramuneカンパニー」でもレギュラーを務める2人は、お互いのソロライブに登場するなど仲の良さが伝わってきます。

2016年11月に発売されたミニアルバム『Two-sides』からPV曲になっている『デッドマグネット』を中心に聴いておきましょう。



おわりに



声優業界を牽引するメンバーが出演する「キラフェス」。予め出演者の歌う曲を予想することによって、知っている曲が増え、ライブで歌われたときの盛り上がり方が違ってきます。

新曲が多く歌われるキラフェスではアンコール含め50曲以上登場するため、今回ご紹介した曲を中心に、メンバーがリリースしたシングルやアルバムを聴いて、楽しみましょう。

この記事をみんなにシェアする

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!