宙組『Shakespeare 』の新人公演の配役に注目!

ウィリアム・シェイクスピアというと『ロミオとジュリエット』『ハムレット』など、その作品を知らない人を探すのが難しいほど超有名な劇作家です。宝塚でもこれまでシェイクスピア原作の話はいくつか舞台化されていて、縁の深さはご存じの通りでしょう。
シェイクスピア 宙組 新人公演 配役
<出典:kageki.hankyu.co.jp>

タイトルもそのままの宙組公演『Shakespeare ~空に満つるは、尽きせぬ言の葉~』は、そのシェイクスピア自身にスポットを当て、どのように作品を生み出していったのか、創作活動を支えた人たち、そしてシェイクスピアにインスピレーションを与えた存在といった、シェイクスピアという人間像が描き出されたオリジナル舞台となっています。

宝塚歌劇団の2016年の初公演に相応しいシェイクスピア作品を公演するということで、新人公演の配役もとても注目されています。
今回は現在配役が発表されたメインキャスト3人にスポットを当ててご紹介したいと思います。

主役抜擢の大本命!瑠風輝さん

瑠風輝 シェイクスピア
<出典:www.skystage.net>

本公演ではトップスターの朝夏まなとさんが演じるシェイクスピア。新人公演でその主役に抜擢されたのは瑠風輝さん。各組でも早くも頭角を表している逸材揃いの98期生の中でも、瑠風輝さんは『王家に捧ぐ歌』で、宙組2番手スターの真風涼帆さんが演じていた役を新人公演で演じたことで話題になりました。

宙組の下級生は層が厚く、注目を集める生徒さんが多い中で見事初主演を勝ち取った瑠風輝さんは今後特に注目ですよ!



ヒロインには宙組の注目スター遥羽ららさん!


遥羽らら シェイクスピア
<出典:prcm.jp>

シェイクスピアの創造力を共に育み、支え続けた妻アン・ハサウェイ役には、同じく98期生の遥羽ららさんが決定しました。堂々としたその歌唱力にすぐさま注目が集まった遥羽ららさんは、研1修了時の成績がトップという絵に書いたような優等生。

『風と共に去りぬ』では新人公演でスカーレット役を演じたこともありますが、単独でのメインヒロインは今回が初なので、瑠風輝さんとの掛け合いにも注目してみましょう!

主役を支えるのは宙組の要!桜木みなとさん

桜木みなと シェイクスピア
<出典:okmusic.jp>

シェイクスピアの才能を見出し、創作の場を与えた後援者、ジョージ・ケアリー役にはトップスターへの道を着実に登っている桜木みなとさんが務めます。『王家に捧ぐ歌』では新人公演の主役に抜擢され、本公演でも重要な役に務めていた桜木みなとさんは、今回初主演の瑠風輝さんを劇中の役でも、そして宙組の先輩としても支えながら、シェイクスピアという作品をより輝かせてくれることでしょう。

「相続人の肖像」でバウホール主演も務め、今回が新人公演最後の出演となりますので、素晴らしい新人公演の締めくくりに、そしてこれからの糧にしてさらなる飛躍にも期待しましょう!


98期生のホープ2人がついに掴んだ新人公演!

宙組は比較的上から下へと年功序列に丁寧に育てていく印象がありますが、他の組でも98期生が活躍をみせるなかでいよいよ宙組の瑠風輝さん、遥羽ららさんにもスポットライトが当たりました。次世代のホープたちが持てる力のすべてをぶつけ、このシェイクスピアという作品に挑むその勇姿をぜひ劇場でご覧ください。

今回の新人公演で95期が卒業しますが、控えている下級生は粒ぞろいの逸材ばかり。お互いにいい刺激を与え合いながらダイナミックで情熱的な宙組をさらに盛り上げていってくれることでしょう。2016年は宙組から目を離さぬよう注目です!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!