(ネタバレ注意)一度見たら忘れられないお下劣バンド「マイドラゴン」と、己龍との関係

一度見たらその強烈なヴィジュアルと歌声、お世辞にも上品とは言えない世界観を忘れることができない異端バンドとして、『マイドラゴン』を挙げたいと思います。ミツバチのコスプレに身を包んだヴォーカリストが裏声(?)で歌い上げる「二次元コンプレックス」は、一度聴いただけではどう評価して良いのか分からなくなった記憶があります(笑)

このマイドラゴンとは一体何者なのでしょうか、噂になっている己龍との関係も気になるので、隠さず解説いたしましょう!最初にお断りしておきますが、一部ネタバレ注意です。



マイドラゴン
<出典:www.bm-3.jp>




どこまで真面目にやってるのか怪しい?マイドラゴンのメンバーと活動内容

まずは、マイドラゴンのメンバー紹介からいきましょう。ヴォーカリストはダンディー麻呂、ツインギターはそれぞれチャリティー三城ビューティー多摩ベースはパンティー卑猥、そしてドラムスはプリティー寿々という5人組の布陣です。

何ともまぁ、名前だけ見てもどこまで真面目にやっているのか怪しくなってくるわけですが、音楽世界はというとこれまたやはりどこまで真面目なのか分かりません(笑)それぞれの担当のパートがあるものの、PVを見る限りではゴールデンボンバーのようなエアーバンド?を思わせます。

一貫して強烈なメイク&衣装と、お下劣な演出のオンパレードで貫かれているので、コンセプトにブレがないのは確かです。



マイドラゴン
<出典:www.youtube.com>




マイドラゴンとあの超有名バンドの関係に関わる噂


ここまでぶっ飛んだ活動内容が絶大なインパクトを放っているマイドラゴンですが、あの噂についてはどうなのでしょうか。そうです、「マイドラゴンって己龍なの?」というあの噂です。

結論から申し上げますと、マイドラゴンのメンバーは全て己龍のメンバーそのままです。一部のヴィジュアル系バンドに見られる別名義の活動ユニットです。


己龍
<出典:okmusic.jp>



ナイトメアと仙台貨物の関係と全く同じですね。どうりでサウンドがしっかりしていると思ったという声も多いですが、すでに実力と実績のあるバンドが作っているのですから当然ですね。それにしても、同じ人でここまで違う世界観を演出できるのは、さすがヴィジュアル系だと思います。

カテゴリー
タグ 己龍
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!