今日からサク読み!トレタメアプリ


2016年12月26日付けで雪組から星組に組替えした有沙瞳さん。星組1年生としての1年間が無事に終わろうとしています。

娘役らしいふんわりした笑顔と、美しい所作、伸びやかな歌声は、星組の新たな戦力として大活躍を見せてくれました。この1年を振り返っても、「スカーレット・ピンパーネル」の2番手娘役ポジション・マリー役でみずみずしく星組デビューを飾り、新人公演ヒロインで実力を発揮!さらには別箱公演ヒロインも経験するなど、活躍が続いています。
有沙瞳出典:©宝塚歌劇団 公式HP 星組 有沙瞳プロフィールより
そして2018年には、「トップ娘役メーカー」とも言われる轟悠さんの主演公演で相手役を務めることも発表されました!まさに、次期トップ娘役に最も近い存在なのです。

今回は、有沙瞳さんの星組での活躍を振り返り、トップ娘役候補と言われる所以を探ってみたいと思います。

「スカーレット・ピンパーネル」マリー役&新公マルグリットで魅せた娘役力

有沙瞳出典:©宝塚歌劇団youtubeチャンネル
「星組公演『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』初日舞台映像(ロング)」より

組替え直後に出演した大作・「スカーレット・ピンパーネル」では、オーディションでマリー役を射止めた有沙瞳さん。可憐な演技で華々しいデビューを飾りました。

相手役・瀬央ゆりあさんを見つめる瞳、寄り添い力の高さ、目で雄弁に語る繊細なお芝居…と、娘役力を存分に発揮!星組ファンの心も掴んでしまったのではないでしょうか。

そして、新人公演では二度目のヒロイン!娘役らしいマリー役とは正反対の役どころである、”元女優の人妻”というマルグリット役に挑戦しました。

マルグリットは大ナンバーも多く、歌唱力が求められる役ですが、雪組時代から歌姫で知られ、エトワールを務めた経験もある有沙瞳さんの歌声が響き渡りました!小さい頃から演歌で鍛えた歌声、女優たるにふさわしい存在感でしたよね。
有沙瞳 天華えま出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ タカラヅカ・スカイ・ステージ「新人公演ステージトーク#135『THE SCARLET PIMPERNEL』「天華えま・有沙瞳」」より

相手役で同期の天華えまさんからは指輪も送られたそうで、同期ならではの信頼感で素晴らしい新人公演になったと思います。

ちなみに、有沙瞳さんの初めてのキスシーンの相手も、天華えまさんだったのだそうです(音楽学校時代)♡


1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 星組宝塚歌劇団有沙瞳

星組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!