今日からサク読み!トレタメアプリ


星組新トップコンビ、紅ゆずるさん&綺咲愛里さん。
2016年末の「タカラヅカスペシャル2016」で公式の場で初お披露目、2017年の「オーム・シャンティ・オーム」でプレお披露目を果たし、新生星組は輝かしいスタートをきりました。

そして、大劇場お披露目公演となるのが「スカーレット・ピンパーネル」。
この作品でお披露目公演を迎えることは、新トップコンビにとってまさに”運命的”なめぐり合わせなのです。

今回は、新生星組への祝福の気持ちを込めて、スカピンとトップコンビの関係性、これからの星組へ期待することを取り上げます。

スカーレット・ピンパーネルが運命的なお披露目公演である理由

北翔海莉さん・妃海風さんの後をうけ、紅ゆずるさん・綺咲愛里さんトップコンビに就任すること、そのお披露目公演の演目が「スカーレット・ピンパーネル」ということが発表された時、その運命的なめぐり合わせに驚いた方も多いのでは。

というのも、「スカーレット・ピンパーネル」は再演が望まれていた作品というだけでなく、紅ゆずるさん・綺咲愛里さんそれぞれにとって記念碑的な作品だったからです。

紅ゆずるさんは、2008年の星組初演時に新人公演で初めての主演を果たしました。
2008年 星組  三井住友VISAミュージカル 『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』 『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』 | 星組 | 宝塚歌劇公式HP公演バックナンバー
(c)宝塚歌劇団

それまで、新人公演でもあまり大きな役がついていたという訳ではなかったところでの、初主演。本人にとっても思い入れの深い作品でのお披露目公演に、運命的なものを感じます。

ちなみに、紅ゆずるさんの新人公演の相手役は、蒼乃夕妃さん。後に月組で再演されたスカピンがお披露目公演となりました。

そして、月組再演時に新人公演で主演した珠城りょうさん(この時が初主演)も、現在月組のトップスターとして活躍中。こう考えると、「スカーレット・ピンパーネル」の力を感じますね。

そして、綺咲愛里さんにとっても「スカーレット・ピンパーネル」は縁ある作品。月組再演のスカピンが、96期の初舞台公演だったのです。

タカラジェンヌにとって、初舞台公演は同期と舞台を作り上げる最初で最後の公演。それだけ思い入れも深く、印象的な作品として初舞台公演を挙げる生徒は少なくありません。タカラジェンヌとしての夢の第一歩を踏み出した作品で、トップ娘役としての新たなスタートをきる。こんなに素敵なめぐり合わせはあるでしょうか?

紅ゆずるさん・綺咲愛里さんにとって、「スカーレット・ピンパーネル」は記念碑的な作品。2人のお披露目公演がこの作品であることは、ある意味”必然”なのかもしれません。

1 2 3>>

1 / 3

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!