今日からサク読み!トレタメアプリ


モーニング娘。15


リーダーだった道重さゆみが卒業してからのモーニング娘。'15は12期を迎え新生モーニング娘としてスタートしています。
ハロプロ研修生の牧野と羽賀が加わり、総勢13名。ここでは新リーダー通算シングル枚数12期の特技について紹介します。

 

新生モーニング娘。のリーダーは誰?

モーニング娘。'15のメンバーはほとんど知らないという人もいるのではないでしょうか?

新たに加わったメンバーは2014年9月30日から始動しており12期になります。
元ハロプロ研修生から2名、オーディションから2名が合格しています。元ハロプロ研修生には牧野真莉愛と羽賀朱音オーディション合格は尾形春水と野中美希です。

12期が加入した当時は道重さゆみがまだリーダーだった頃で、2014年11月に卒業してからリーダーは9期の譜久村聖、サブリーダーは9期の生田衣梨奈と10期の飯窪春菜が務めています。

飯窪春菜


 


モーニング娘。'15の曲は通算でシングル何枚目?


デビュー曲「モーニングコーヒー」が発表されたのが1998年1月28日でした。それから17年以上の歳月が経ち、モーニング娘。'15として発表された曲は通算で58枚目のシングルになります!

12期が加入した初の曲は「青春小僧が泣いている」「夕暮れは雨上がり」「イマココカラ」でトリプルA面として出しています。
「イマココカラ」は映画プリキュアの主題歌としても使われており、12期が初めて公の場でイベントに参加して注目されました。

イマココカラ


オリコンではシングルCD連続トップ10内獲得年数18年を記録しており、女性アイドルグループではナンバーワンに輝いています!

 

1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ハロー!プロジェクトの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!