今日からサク読み!トレタメアプリ


宝塚歌劇団では下級生、中堅と呼ばれる若手による舞台が行われます。それが新人公演です。新人公演はトップスターへの登竜門といわれ、ここで伝説を残したタカラジェンヌの多くはその後、トップスターとなります。
そんな新人公演には伝説がいっぱい!歴代のトップスターたちの列伝をご紹介しましょう。


ノバ・ボサ・ノバ



伝説の舞台、新人公演についておさらい




宝塚歌劇団では、下級生と中堅による新人公演が行われます。下級生と中堅とは、宝塚音楽学校を卒業して宝塚歌劇団に入団し、初舞台を経験したタカラジェンヌから、入団して7年目までのタカラジェンヌのことです。

宝塚歌劇団では、宝塚大劇場や東京宝塚劇場で行われる公演の場合、通常公演期間は1ヶ月半あります。実はこの期間中にたった1回のみ行われる希少な公演こそが、新人公演です。

新人公演はさらに舞台に上がる人数も本公演とは異なります。通常、本公演では宝塚歌劇団の各組みの全員が出演するため、大体70人くらいが舞台に上がります。それに対して新人公演で舞台にあがるのはかなり少なくなって50人程度です。
本公演では芝居とショーという2本立ての公演が行われる場合がありますが、新人公演では、ショーと新人公演の2本立てといった形式になる場合もあります。

新人公演は演出家やスタッフがタカラジェンヌの成長の度合いや魅力を知る機会であり、それだけに新人にとっては大きなチャンスなのです。


ベルサイユのばら




1 2>>

1 / 2

コメントを見る

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事をみんなにシェアする

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!