成長の物語、アイドルマスターシンデレラガールズのベストシーン!

もともとはモバイルゲームとして展開していた、
アイドルマスターシリーズのシンデレラガールズ。

そのアニメシリーズの全25話が放送され、多くの注目を集めました。
今回はシンデレラガールズの中でも神回ともいうべきベストシーンをご紹介します!

アイドルとしての初めの第一歩

初めにご紹介するのは3話
事務所に入ってレッスンを積んできた、
ニュージェネレーションの三人(島村卯月、渋谷凛、本田未央)が
同じ事務所の先輩である城ヶ崎美嘉のバックダンサーとして
初めてステージに立ったのがこの回です。

初めてのステージを目指して必死に練習をしていたものの、
初めは全然うまくいかず、本番直前まで失敗が続いたのを見て
三人と同じように不安に思った人も多いのではないでしょうか。
成功できるかわからない不安は見ているだけでも苦しいものです。
デレマス 3話 <出典:homusora.hateblo.jp>

しかし、三人は本番では美嘉のアドバイスもあって成功に。
その時初めてステージから見た景色は、格別だったことでしょう。
初のステージでアイドルとして一歩成長できたこの回は、
全話を通してみてもベストシーンの一つになるのではないでしょうか。


今までをばねにしてトラブルも成功に!


続いては13話から。
13話はシリーズ前半である第一期の最終話という形になっています。

346プロダクション全体で取り組むビッグイベントであるサマーフェスで、
シンデレラプロジェクトはそれぞれのユニット等の出番を待っていました。
ところが新田美波が直前に体調を崩したり、
ニュージェネレーションの出番直前でライブができないほどの大雨が降ってしまったりと
思わぬハプニングが続いてしまいます。

この回でも魅力はやはり、
シンデレラプロジェクト全体で協力して最善を尽くすというチームワークと、
それを可能にしたメンバーひとりひとりの成長でしょう。
デレマス 13話 <出典:blog.livedoor.jp>

今までのレッスンや経験をばねにして、どんな状況でも逃げ出さず、
ベストを出し切った彼女たちの活躍が見られたこの回は特に好評でした。

内に秘めた気持ちが溢れ出す

そして最後は23話
渋谷凛はTriad Primusとしての活動、本田未央は舞台での活動と、
離れがちになっていたニュージェネレーション。

ここで島村卯月はデビューしたにもかかわらず、あえて養成所でのレッスンに戻りました。
それが続いて、自分たちに会いたくないと思っていることに気づいた二人が
卯月のもとへ行くというのがこの回です。

この回が神回と言われるのは、
卯月の思いがついに語られることになったからなのは間違いないでしょう。
他のメンバーが別の活動をしても、特に何も言わずただ応援して、
自分自身は「頑張ります」といって練習を続けていました。

注目するべきなのは、ここまでで卯月は自分の感情を特に話してこなかったという点です。
そして、「頑張ります」と言っていた言葉が、
だんだん本心からの言葉でなくなっていた点です。
デレマス 23話 <出典:animematome.science>

今まで誰にも話せないでいた不安や戸惑いを初めて心の底から打ち明けたことと、
その時の涙は見た人の心を打つものでした。
そしてこのことが次の回のライブへとつながっていくのです。

一人一人にとってのベストシーン

シンデレラガールズのアニメは、全体を通して様々な伏線が張り巡らされています。

最終話での、ニュージェネレーションのライブでは
初ライブの時の情景と重なったり、
3年も前に作られた卯月のソロ曲「S(mile)ing」が
新録音源として挿入歌で使われたりと、
アニメを見て好きになったファンはもちろんのこと、
初期から応援してきたファンにとっても堪らない演出が散りばめられています。
デレマス 25話 1話 <出典:sorekarano.blomaga.jp>

それを追いかけてみたり、一人一人のアイドルの成長過程を見たりすれば、
きっと何通りもの違う見え方ができるでしょう。

皆さんも、皆さん自身にとっての神回を探してみてはいかがでしょうか。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!