ふみとつコンビこと戸塚祥太と河合郁人の不思議な距離感

2016年5月23日
トレタメ

本人の口から語られたMステ事件とは

A.B.C-Zファンの間でも衝撃的だったのが通称「Mステ事件」と呼ばれるものです。

2回目の出演となるミュージックステーションに、メンバー全員がそわそわしていた当日、当然戸塚くんも例外ではありませんでした。

なんとか視聴者にA.B.C-Zのことを覚えて帰って欲しい!と感じ、テンションマックスで気合を入れた戸塚くんは、なんとカメラの前に派手なバンダナと丸メガネというオタクっぽい髪型で登場!

戸塚くん本人は、自己表現の意味で大好きなファッションアイテムを着けて出ようと考えたそう。彼としては少しでもグループの知名度のためによかれと思って行ったことだったようですが、メンバーの中でもイケメン担当の戸塚くんの衝撃的な姿に一般の視聴者は全くついていけずに騒然。

戸塚くんは本番終了後、スタッフから「とっつー、まずいよ。バンダナと眼鏡、かなり不評だよ」と言われ、後日マネージャーからも怒られてしまったようです。

一連の流れについて戸塚くんは反省し、まず河合くんへお詫びのメールを送信。

これに対して河合くんは自分も結果を残そうとMCで空回りしちゃったと述べ、「自分1人じゃなく、5人でやってることを忘れないようにしようぜ!1人じゃないんだから、なんかあったら言ってね! 俺、たいした答え出せるか分からないけど、ちゃんと聞くから。これからも突っ走ろう」と返信。

他のメンバーも誰としてこれを責めずに戸塚くんを気遣ってくれたそう。責め立てることなく励まし、戸塚くんに前向きな言葉を送った河合くんの気遣いがなんとも素敵なエピソードとなりました。

その絶妙な距離感が愛おしい

ふみとつコンビの魅力、それはくっつきすぎず離れすぎない絶妙な距離感にあります。いつも二人はわちゃわちゃしているわけではなく、二人が並ぶとその間には約人間一人分の距離が。

本人たちもそれは感じているようで、戸塚くんはこれについて「不思議なことに、河合とは最初に話したときに感じた適度な距離感が今もずっと続いてるんだよね。」と語っています。

このなんとも言えない絶妙な距離感の中には、これまで青春時代から現在までを共に過ごし、様々なことを一緒に考えて乗り越えてきたからこそ、お互いの背中を安心して預けていられるような信頼感が。それでも、お互い目を合わせて喋るのは苦手というのがふみとつの絶妙な距離感なのです。