アイドルから俳優として覚醒した岡田准一が主演した映画のまとめ

男性アイドルが俳優を務めることは珍しいことではないのですが、ただ一般的に男性アイドルに求められるのは演技力というよりかはスター性の一つ見栄えをドラマに与えることです。
 

しかしその男性アイドルが俳優を務めるという形に変革をもたらしたのが岡田准一であり、その主演映画をまとめるとその流れがわかります。

岡田准一 <出典:xn--0ck0d7b473u3n8d.xyz>

 

岡田准一が最初に演じた主演映画まとめ

男性アイドルの見栄えの良さだけを与える役目から演技力を求められる俳優となった岡田准一ですが、最初からそうであったわけではなく最初の映画では見栄えの良さが求められていたと言えます。



 

初主演は火星探査そして地球周りのデブリを掃除する役目を演じた「コスミックレスキューザムーンライトジェネレーションズ」の澤田という役目で、話としては2003年に公開された映画では高評価ではありますがその他の演技者も良く岡田准一が注目されるには至らない作品が多くそれから4作目までのホールドアップダウンまでそれが続くことになります。


コスミックレスキューザムーンライトジェネレーションズ <出典:mydramalist.info>
 


アイドルの見栄えから俳優として歩みはじめる映画のまとめ


岡田准一が演じた映画の最初の作品から4作品目まではアイドルとしての見栄えを重視されていたのですが、アイドル活動が一段落することで各メンバーがそれぞれの道に行くとなったときに本気で俳優を目指すことになります。

 

そのなかで岡田准一の主演映画のなかで俳優として覚醒を始めた年代をまとめると、2006年に公開した父の敵を討つために武士になった男を演じた「花よりもなほ」から頭角を現していきそれから2009年に主演したおとなりまでの間見栄えと俳優の両面で活躍することになります。

花よりもなほ <出典:movies.yahoo.co.jp>

 

本格的に覚醒した岡田准一の主演映画まとめ

2006年から2009年までの間俳優として積み重ねることによって俳優として演じることを覚えた岡田准一は、2010年に本格的に俳優として覚醒を果たす時が来ます。

 
その作品のまとめというのが日本のシークレットサービスを演じることになった「SP野望編」においては、通常アイドルとして演じていた時にはスタントマンを使って代わりを務めることが多いのですが劇中では演技もさることながら肉体的に演じることの楽しさも学んだこともあり海外映画顔負けのアクションを繰り広げることになります。


SP野望編 <出典:cinememo-r2d2.blog.so-net.ne.jp>
 

そして戦争映画として注目されるようになった永遠の0そして2015年に放映された「図書館戦争」で演じた迫力は、アイドルとしてではなくだれもが尊敬し目標とされる俳優へと進化を果たすことになるのです。



図書館戦争 <出典:fortune-girl.com>


 

アイドルにとっても目標となる岡田准一

先に言ったとおりにアイドルが俳優を務めることは珍しいことではなく、その映画に見栄えを与える観点から重要な部分を占めています。

 

しかし見栄えというのは長続きするものではなく、岡田准一が数々の映画を演じて見栄えから演技力を買われる姿はアイドルにとっても目標となる姿だと言えます。

タグ V6
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!