今日からサク読み!トレタメアプリ

694 views



沢尻エリカさんメイキングエピソード


今回で9度目となる「ほろよい」の撮影現場は、お馴染みのスタッフに囲まれながら和やかな雰囲気で始まりました。爽やかなシャツとショートパンツを身にまとった沢尻さんは、軽い足取りで撮影セットに入ります。「ほろよい」の缶を覗き込むシーンでは、モニター画面いっぱいに映る沢尻さんのアップの大人っぽい表情に、監督のみならず撮影スタッフが口々に「かわいい!」と声を上げていました。最後のカットを撮り終えると、演出を務めた蜷川さんとともに手を挙げ喜ぶなど無邪気な笑顔を見せました。

佐藤健さんメイキングエピソード

2018年冬の「ほろよい」のCMで4年ぶりの出演を果たしてからは2度目の撮影となる佐藤さん。撮影前はリラックスした表情を浮かべていましたが、本番ではさすがの集中力を発揮し、撮影は順調に進みました。演出を務めた蜷川さんの演技指導を受けすぐに演技に反映させるなど、俳優としてのプロの顔を垣間見せました。

沢尻エリカさんインタビュー

Q:今回のCMの撮影を終えた感想、また撮影後のいま飲みたい「ほろよい」を教えてください。
A:今回は今までとひと味違い、外に出ていった(撮影シーンだった)ので、すごく新鮮でした。雰囲気も可愛らしくて、すごく気に入っています。いま飲みたい「ほろよい」は、「ほろよい<ぶどう>」です。

Q:今回のCMでは鼻歌を歌いながら「ほろよい」を選ぶ演出となっています。CMのように自宅への帰り道で買い物をすることはありますか?
A:仕事が終わって、ご飯とそれに合うお酒を買って…気分転換というか、買い物をするのが好きなので。わりとしょっちゅう買い物をしています。

Q:普段何を選ぶときが一番楽しいと思いますか?また、選ぶときに迷うものは何ですか?
A:洋服を選ぶときが一番楽しいです。お出掛けする時に「今日は何を着ていこう」というのが。色んなファッションが好きなので、その日のTPOに合わせてファッションを選んだりするんですけど、「ああでもないこうでもない」って自分の中で迷って、部屋が散乱しながら(笑)、考えているのがすごく楽しいし、迷いながらやっていますね。

Q:最近の沢尻さんの「ほろっとうれしい」時はどんなときですか?
A:特に和食の美味しいごはんを食べた時に、ほろっと嬉しいなと思います。海外に旅行したときに色んなものを食べたりするんですけど、日本に帰って、日本の和食を食べた時に「ああやっぱりいいな」ってすごく感じます。

佐藤健さんインタビュー


Q:今回のCMの撮影を終えた感想、また撮影後に飲みたい「ほろよい」を教えてください。
A:今日はあっという間でしたので、「もう終わりか」という感じです。前回に引き続き、蜷川さん箭内さんと仕事ができて、安心感がありますし、撮れている画もとっても素敵な雰囲気なので、 良いものができそうで、嬉しいです。前回飲んで、アイスティーサワーが美味しかったので、いまは「ほろよい<アイスティーサワー>」が飲みたいです。

Q:今回のCMでは鼻歌を歌いながら「ほろよい」を選ぶ演出となっています。CMのように自宅への帰り道で買い物をすることはありますか?
A:あります。コンビニに寄ったり、その日の夜ご飯を買ったりだとか、もちろんお酒を買うこともあります。

Q:普段何を選ぶときが一番楽しいと思いますか?
A:食べるものとか、友達と話しながら「何にするの?じゃあ俺何にしようかな」みたいなこととかは、楽しいですね。

Q:迷うことはありますか?
A:(「撮影後に飲みたいほろよいは?」と聞かれて)今も迷った。人並みに、迷うと思うんですけど、昔に比べて大分決められるようになりました。

Q:最近あった「ほろっとうれしい」出来事は何ですか?
A:人に喜んでもらえることって嬉しいですよね。映画の撮影をしていて、現場にスタッフパーカーを作って、スタッフのみなさんにプレゼントしたんですけど、(スタッフの皆に)喜んでもらえるのを見ると嬉しいです。

=沢尻エリカ=

1986年4月8日生まれ 東京都出身
2004年映画「問題のない私たち」にてスクリーンデビュー。
2012年公開の映画「へルタースケルター」では演技力が高く評価され、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。
近年の出演作は、NTV連ドラ「母になる」主演(2017)EX連ドラ「ハゲタカ」(2018)、映画「不能犯」、「猫は抱くもの」(主演)、「食べる女」、「億男」(2018)など。
今後の出演作は、EXスペシャルドラマ「白い巨塔」、映画「人間失格」、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が控えており、活躍に期待が集まる演技派女優。

=佐藤健=

1989年3月21日生まれ 埼玉県出身
映画「るろうに剣心」3部作など、話題作に数多く出演。
2017年公開の映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(主演)では、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。
近年の出演作は、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」、TBS連ドラ「義母と娘のブルース」(2018)、
映画「いぬやしき」、「億男」(主演)、「ハード・コア」(2018)、「サムライマラソン」(主演・2019)など。
今後の出演作は、2019年8月公開の3DCGアニメーション映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」(声優出演・主演)、2019年秋公開の映画「ひとよ」(主演)、そして2020年夏2作連続公開の映画「るろうに剣心」シリーズ最終章(主演)が控えているなど、今後の活躍も期待される。

=蜷川実花=

写真家、映画監督

木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。2016年、台湾の現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新した。2017年、上海で個展「蜷川実花展」を開催し、好評を博した。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。個展「蜷川実花展ー虚構と現実の間にー」が、2019年1月5日より大分市美術館にて開催される。

1 2

2 / 2

この記事をみんなにシェアする

俳優女優沢尻エリカ

CMの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!