今日からサク読み!トレタメアプリ

24,139 views


6作目『大戦隊ゴーグルファイブ』

放送時期:1982年2月6日~1983年1月29日(全50話)


《戦士名:役柄/キャスト》

ゴーグルレッド:赤間健一 / 赤木良次
ゴーグルブラック:黒田官平 / 春田純一
ゴーグルブルー:青山三郎 / 石井茂樹
ゴーグルイエロー:黄島太 / 伍代参平
ゴーグルピンク:桃園ミキ / 大川めぐみ


従来と同じ初期から5人の戦士が登場し、「ブラック」カラーの戦士が初登場。色のイメージから悪の印象のあるこの色を導入したのはなかなか挑戦的ですね!

これまで秘密組織や軍隊などの精鋭たちが戦っていたのに対し、初めて生身の人間で戦闘経験のない、いわば市民がヒーローとして地球を救う初めての作品でした。

その強さや活躍を世間から徐々に認められ、頼られていくというのは仮面ライダーシリーズに近いものがありますね。

新体操の道具をモチーフにした武器と未来科学というコンピューターを駆使した戦い方も、まだパソコンの普及前ということで斬新だったと思います。

それぞれの戦士には「コンボイ」というデータ収集のパートナーがいて、5人の少年少女達がゴーグルファイブのメンバーのちからになろうとする健気な姿がとても印象的でした。

平均視聴率は12.3%です。


7作目『科学戦隊ダイナマン』

放送時期:1983年2月5日~1984年1月28日(全51話)


《戦士名:役柄/キャスト》

ダイナレッド:弾 北斗 / 沖田さとし
ダイナブラック:星川 竜 / 春田純一
ダイナブルー:島 洋介 / 卯木浩二
ダイナイエロー:南郷 耕作 / 時田優
ダイナピンク:立花 レイ / 萩原佐代子


墜落した隕石に付着していた生命物質から進化を遂げたジャシンカ帝国とその一族。彼らは地上への憧れから、人類以上の科学力を駆使し、地上侵略を図ります。

一族に対抗するため集められた若き科学者たちがダイナマンとして地球を救うという『科学と夢』をテーマにした作品です。

戦闘シーンでこれでもかと使われた爆薬がまさに"ダイナミック"で、必殺技が通用しなくなる強力な敵の登場やそれに対抗するべく新しい必殺技を生み出したりと手に汗握るストーリーはもちろんですが、身体中ボロボロになりながら何度も何度も立ち向かう姿はとてもかっこよかったです!

敵幹部であったメギドが、追放されたジャシンカ帝国への復讐として「ダークナイト」として登場しますが、スーパー戦隊シリーズ初のアンチヒーローとして、そのスタイリッシュなスーツや活躍から人気が集まりました。

また、ダイナブラックの星川演じる春田さんは前作「ゴーグルブラック」から続投ということで、後の黒色戦士のイメージを確立させた存在となりました。

平均視聴率は10.6%です。


8作目『超電子バイオマン』

放送時期:1984年2月4日~1985年1月26日(全51話)


《戦士名:役柄/キャスト》

レッドワン:郷 史朗 / 阪本良介
グリーンツー:高杉 真吾 / 太田直人
ブルースリー:南原 竜太 / 大須賀昭人
イエローフォー(初代):小泉 ミカ / 矢島由紀
イエローフォー(2代目):矢吹 ジュン / 田中澄子
ピンクファイブ:桂木 ひかる / 牧野美千子
※仲間をかばい、反バイオ粒子を用いたバイオキラーガンの犠牲となり殉職(代打として声優の田中真弓さんがスーツアクトの声をあてています。)


かつて物質活性化をもたらす「バイオ粒子」を巡る戦争で滅んだバイオ星。同じ悲劇をくりさぬようにと自我を持つ「バイオロボ」を地球に送り込みました。それから500年、地球では世界征服を目論む科学者・ドクターマンが率いる「新帝国ギア」から、地球の危機を救うべくバイオロボに「バイオ粒子」を浴びせられた5人の戦士達が立ち上がります。

シリーズ初となる初期から女性戦士2人が登場したり、●●戦隊の冠を外してみたり、戦うだけではない自我を持つ巨大ロボットの登場、元人間が敵の首領などなど、マンネリ化を打開しようと挑戦的な作品と言えるでしょう。

ストーリーのAパートからいきなりロボ戦で始まり、そこから話が展開していくなど巨大ロボ戦にもさまざまな試行錯誤が。ロボットが中心の機械的な印象なのに、ストーリー自体にはドラマ性が重視されたことでより幅広い年齢層から支持されました。

この作品で様々な挑戦をしたからこそ、ここからのスーパー戦隊シリーズの可能性をさらに大きく広げた作品となったのは間違いないでしょう。

平均視聴率は10.5%です。


9作目『電撃戦隊チェンジマン』

放送時期:1985年2月2日~1986年2月22日(全55話)


《戦士名:役柄/キャスト》

チェンジドラゴン:剣 飛竜 / 浜田治希
チェンジグリフォン:疾風 翔 / 河合宏
チェンジペガサス:島 洋介 / 和泉史郎
チェンジマーメイド:渚 さやか / 西本ひろ子
チェンジフェニックス:翼 麻衣 / 大石麻衣


地球規模から宇宙規模へとスケールを拡大。宇宙侵略の手始めとして、地球を征服しようとする「大星団ゴズマ」と地球防衛を任務とする地球守備隊から選抜された「チェンジマン」との戦いを描きます。

モチーフとなっているのは聖獣で、それぞれドラゴンやペガサスなどの力を宿し、変身後の額にもその印が刻まれているのが特徴です。

また、「大星団ゴズマ」はこれまでのシリーズで登場した敵のなかでも群を抜く規模を誇りますが、侵略されてしまった他の星の異星人達が、星の再興を条件になかば無理やり戦闘員として戦わされていました。

そんなゴズマの事情を知り、チェンジマンは戦いの中で、彼らを「倒す」ではなく「救う」方法を模索することも・・・。

平均視聴率は11.1%でした。


10作目『超新星フラッシュマン』

放送時期:1986年3月1日~1987年2月21日(全50話)


《戦士名:役柄/キャスト》

レッドフラッシュ:ジン / 垂水藤太
グリーンフラッシュ:ダイ / 植村喜八郎
ブルーフラッシュ:ブン / 石渡康浩
イエローフラッシュ:サラ / 中村容子
ピンクフラッシュ:ルー / 吉田真弓


幼少期に「改造実験帝国メス」により地球から拐われ、フラッシュ星人のおかげで救い出された5人。成長した彼らは自分達をさらったメスが地球侵略を計画していることを知り、地球へ帰還。「超新星フラッシュマン」としてメスに立ち向かいます。

これまで数作に渡り、敵側のドラマを色濃く描いてきたのに対し、今作ではヒーロー側であるフラッシュマンのストーリーを重点的に描いています。

家族と離れ離れになってしまった5人の戦士たちが地球を救いながら、家族を探していきますが、フラッシュ星を長期間離れてしまうと他の星の環境に適応出来なくなり、やがて命を落としてしまうことも。

弱っていく身体で母星・地球のために尽くす彼らの姿は、子どもたちから大きな共感を得ました。

巨大ロボが傷だらけになり、修理が必要になったりとこれまで以上にロボ戦での死闘が激しく描かれるようになり、2体目の巨大ロボの登場もこの作品が初めてでした。

平均視聴率は12.3%でした。


11作目『光戦隊マスクマン』

放送時期:1987年2月28日~1988年2月20日(全51話)


《戦士名:役柄/キャスト》

レッドマスク:タケル / 海津亮介
ブラックマスク:ケンタ / 草刈滉一
ブルーマスク:アキラ / 広田一成
イエローマスク:ハルカ / 永田由紀
ピンクマスク:モモコ / 前田賀奈子


地上とは別の進化を辿った地底世界の帝国チューブ。帝王ゼーバによって恐怖政治が行われているこの国は、元々イガム王家が統治する平和な世界でした。

クーデターが発生し、イガム王家が滅亡すると正当な後継者であった地帝王子イガムとイアルの姉妹を恐れ、地底世界の王になろうとしたゼーバが2人を引き裂いていたのです。

地上侵略を目論むゼーバはイアルを地上へスパイとして送り込みましたが、そこでタケルと恋に落ちてしまいます。

バイオマンから3作続けて宇宙規模の壮大な戦いを描いてきましたが、今作では「人間の内面」を描くことに重きを置いていて、敵側のイアル姫とレッドマスクのタケルが恋仲というのもシリーズ初の展開でした。

イガムはイガム家再興の約束でゼーバに従っていましたが、最終的にタケルの説得とゼーバの招待を知ったことでイアルと共にゼーバに打ち勝ちます。

しかしイアルはタケルと別れ、地下帝国の女王として国の再建を、そしてイガムは自らの過ちを償うために旅に出てしまいます。こうしたストーリーもあってか、これまでよりも高い年齢層から支持があつまった作品でした。

平均視聴率は11.4%です。


さて、今日はここまでですが、12作目『超獣戦隊ライブマン』以降のスーパー戦隊シリーズも続々更新していきます!

次回の更新をお楽しみに♪

1 2 3

3 / 3

この記事をみんなにシェアする

アニメ・ゲーム・声優の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!