今日からサク読み!トレタメアプリ


美しい宝塚歌劇団の舞台に、ひときわ鮮やかな花を添えているのが娘役たち。

その個性も様々で、いつも色とりどりの花を咲かせて観客を楽しませてくれています。

現在の娘役は、身長もピンからキリまでで、だいたい158cm〜167cmくらいまでの間にひしめいています。

今回は、背が高い娘役、背が低い娘役を身長順にご紹介します。

【167cm 愛希れいか】

愛希れいか出典:©宝塚歌劇団 公式HPより現在の宝塚で一番身長が高い娘役といえば愛希れいかさん。

圧倒的な存在感ととびきりの可愛らしさが共存する月組トップ娘役です。

娘役で167cmはかなりの大きさなのですが、それもそのはず愛希れいかさんは元男役!新進男役として新人公演なので役も付いていたのですが、生来のキュートさを生かして研究科3年で娘役に転向。龍真咲さんの相手役となり、一気にトップ娘役となりました。

現在は珠城りょうさんの相手役ですが、とても背が高くたくましい雰囲気の珠城さんに愛希さんも包まれる感じで、超ベストカップル!たまちゃぴファンも多いですよね!

今年で退団してしまう愛希さん。

しかしその身長の高さを生かして、堂々と男役スターと肩を並べて活躍するシーンも多く、バウホール主演まで果たしてくれました。今後の宝塚の娘役の存在意義を変えてくれたような気がします。

【166cm 天紫珠李】

天紫珠李出典:©宝塚歌劇団 公式HPより昨年末に、男役から娘役に転向した天紫珠李さん。

月組在籍で研究科4年。新進男役から娘役へ転向しているのは同じ組のトップスター愛希れいかさんを追いかけているかのようですね。

キラキラした瞳がまぶしく、しっかりとした存在感のある娘役として今後も輝いていきそうです。

愛希れいかさんのバウホール主演公演で「愛聖女(サントダムール)」でも主役に次ぐ大きな役で大活躍していました。

【166cm 羽音みか】

羽音みか出典:©宝塚歌劇団 公式HPより2017年初舞台で研究科2年、月組在籍の羽音みかさん。

大人っぽい美貌ですらりとした姿が印象的な娘役です。音楽学校時代から成績も良く、卒業公演となる文化祭のお芝居でもヒロイン的な役を演じていました。

まだ、本公演では大きな役を演じていませんが、これから着実に歩んでくれそうで期待大です。

【166cm 天瀬はつひ】

天瀬はつひ出典:©宝塚歌劇団 公式HPより太陽のように明るい笑顔が印象的な天瀬はつひさん。

宙組在籍で2013年初舞台の研究科5年。2017年「神々の土地」新人公演では準ヒロインの星風まどかさんの役を演じたりと、少しずつスポットが当たっている娘役の一人。

今年春の「天は赤い河のほとり」では最初の遺跡発掘シーンで登場する、ヒロインの妹役を演じていましたが、パンツ姿ですらりとしたスタイルの良さを見せてくれました。宙組は全体的に身長が高いので、娘役としても背が高いのを気にする必要なくのびのびと頑張ってほしいですね。

【165.5cm 桜月のあ】

桜月のあ出典:©宝塚歌劇団 公式HPより2016年初舞台、現在研究科3年の桜月のあさん。

まだこれといった活躍は見られないのですが、華やかな顔立ちで舞台のはしの方にいても目立ちます。これから、どのように活躍していくか楽しみです。

高身長の娘役を5人紹介してきました。それでは、次からは身長が低い娘役を紹介していきます。


1 2>>

1 / 2

この記事をみんなにシェアする

花組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!