今日からサク読み!トレタメアプリ

13,599 views

七海 ひろき

七海ひろきさんってどんな人?

2003年に89期生として、宝塚歌劇団に入団した『 七海 ひろき 』さんは、実は入団当初の成績は下から数えた方が早いぐらいでした。しかし、努力を重ね、2009年の『 薔薇に降る雨 』で新人公演の初主演を勤めます。

さらに機関誌『 宝塚GRAPH 』の同期生紹介コーナーを担当したりと、演劇以外にも力を入れ始め、なんと2014年には深夜アニメの『 ノブナガ・ザ・フール 』で声優デビューを果たしました!

演技人としての、確かな才能があり、マルチに活動していることから、幅広いファンを獲得していた彼女は今年に入って宙組から星組への組みかえを予定されています。

組替えに対してファンは賛否両論


「 せっかく宙組でがんばって来たのに 」といった残念がる声や「 こんどはどんな活躍をしてくれるんだろう! 」という期待の声などが入り混じっているようです。 宝塚ファンには当たり前ですが、タカラジェンヌたちにとって「 組みかえ 」は大きな意味をもちます。果たして、今後星組にいった七海 ひろきさんは、どのような活躍をするのでしょうか?

〇 クールに見えるけど、実は“ オタク ”かも?

現役タカラジェンヌといて、初の声優デビューを果たし話題をよんだ七海 ひろきさんですが、実はオタクな一面があるようです……。 2014年12月、タカラヅカスカイステージにて放送された、七海 ひろきさんを含む男役と、娘役のそれぞれ 3人が高校生に扮し「 キュンと来るシーン 」が七海 ひろきさんを監督に撮影されました。

七海ひろき

その時の七海 ひろきさんの意気込みはかなりのもので、カッコイイ男役が、可憐な娘役に対して“ メガトン級 ”の「 胸キュンシチュエーション 」を演じさせました。 なんとソレは「 壁ドン 」だったのです! 人選から七海 ひろきさんが行い「 ただ私が観たいという願望をかなえる番組になるとは思うんですけども 」と公に自分の願望をかなえてしまったようでした。

ファンからは「 漫画の読みすぎ 」と苦笑いされる一面もあるようですが、多くのファンは彼女のサービス精神に大満足のご様子でした。 組を移るということで、今後どういった役を演じ、さらにどういったパフォーマンスをされるのでしょうか? オタクな七海 ひろきさんからますます目が離せませんね!

1 / 1

この記事をみんなにシェアする

関連キーワード 宙組宝塚歌劇団星組男役

宙組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!