今日からサク読み!トレタメアプリ


今年で103年目を迎える宝塚歌劇団。

その大きな特徴の一つとして、トップスター制度があります。

花・月・雪・星・宙の5組から、各組に一人だけ選ばれるトップスターは、就任すると公演では必ず主演という立場につきます。

最近では、雪組の望海風斗さん、宙組の真風涼帆さんが、次期トップスターとして発表され話題を呼びました。

現在のような単独トップスター制度を取るようになったのは、1980年代からだそうです。

それ以前は各組2人トップスターがいることもあったとか。

宝塚歌劇団のトップスターは歴史的に見ても、日本の芸能史に名を残す方も多いのですが、一体どんな方がいたのでしょうか。

今回は男役トップスターに絞って、1950年以降のトップスターを在団期間、トップスター就任期間も合わせてご紹介していきます。


歴代宝塚トップスター【第38期生】

● 真帆しぶき

真帆しぶき出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ タカラヅカ・スカイ・ステージ 『宝塚歌劇の殿堂#3「真帆志ぶき」』より在団1952年-1975年
トップ就任期間1962年-1970年 月組・雪組トップスター

退団後は、ミュージカルを中心に活躍された真帆しぶきさん。1971年には紅白歌合戦にも出場されています。

歴代宝塚トップスター【第40期生】

● 那智わたる

那智わたる出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ 星組『フェスタ・フェスタ -世界はひとつII-』より在団1953年-1963年
月組→星組→月組と異動を繰り返し、最終的に星組の単独トップスター

● 藤里美保

在団1953年-1964年 星組→月組 月組男役トップスター

● 麻鳥千穂

在団 1953年-1970年 花組トップスター

那智わたるさん、藤里美保さんは、マル(那智)・サチ(第41期生の内重のぼる)・オソノ(藤里)の3人で当時を彩ったスターとして、語り継がれています。

歴代宝塚トップスター【第41期生】

● 内重のぼる

在団 1954年-1967年、星組→月組 月組男役トップスター

歴代宝塚トップスター【第46期生】

● 上月晃

在団 1960年-1970年
トップ就任期間 1965年-1970年 星組男役トップスター

● 古城都

古城都出典:©Miyako's geijutsujuku. 古城都の芸術塾 『古城 都の部屋』より在団 1960年-1973年
トップ就任期間 1967年-1973年 月組男役トップスター

● 甲にしき

在団 1960年-1974年
トップ就任期間 1970年-1974年 花組男役トップスター

歴代宝塚トップスター【第49期生】

● 榛名由梨

榛名由梨出典:©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ タカラヅカ・スカイ・ステージ 宝塚DREAM FOREVER-100周年、そして、輝ける未来へ-#23「榛名由梨」より在団1963年-1988年
トップ就任期間 1973年-1982年 花組・月組男役トップスター
1982年にトップスターを大地真央に譲り専科へ異動

● 大滝子 (現在・光原エミカ)

在団1963年-1976年
トップ就任期間 1974年-1976年 月組男役トップスター

● 郷ちぐさ

郷ちぐさ出典:©2018 郷ちぐさオフィシャルブログ 『紅白の梅ほころびて香りなお(2018.02.13)』より在団1963年-1972年
トップ就任期間 1970年-1972年 雪組男役トップスター

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10>>

1 / 10

この記事をみんなにシェアする

花組の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!

トレタメライター募集中!