退団後の多彩な活躍、そして結婚…元宙組のトップスター貴城けいさんが選んだ「日本物」とは

退団後の多彩な活躍、そして結婚…元宙組のトップスター貴城けいさんが選んだ「日本物」とは

貴城けい <出典:laughy.jp>

涼やかな姿から、日本物の舞台を得意とした元宙組のトップスター貴城けいさんは、宝塚歌劇団での活躍もさることながら、退団後も舞台や映画テレビドラマやバラエティに幅広い活躍をしています。





2015年には歌舞伎俳優、二代目市川月乃助と結婚して挙式を上げましたが、今もなおヅカファンの心の中で永遠のプリンスとして輝いている貴城けいさんの魅力を考察してみました。









■意外にもスポーツマンだった貴城けいさんの学生時代




貴城けい <出典:www.sankei.co.jp>


幼い頃からバレエやピアノなどの芸事を習っていることが多いタカラジェンヌの中で、貴城けいさんは5歳から中学2年生まで硬式テニスでプロ選手をめざしていたスポーツマンでした。




しかしお姉さんの影響で宝塚歌劇団の舞台を観劇、そこで感銘を受けたことが宝塚歌劇団を目指すようになったキッカケでした。





中学3年生の1年間、歌とダンスのレッスンを行い、宝塚音楽学校を受験して見事合格。そして1992年に78期生として宝塚歌劇団に入団します。





成績は40人中15番という中より少し上という成績ですが、「この恋は雲の涯まで」で初舞台を踏んでから雪組に配属されて、当時のトップスターである一路真輝さんのもとで経験を積んでいきます。

この恋は雲の涯まで <出典:testicanzoni.mtv.it>




170cmの身長を活かし、1995年の「JFK」の新人公演ではカストロ役、宝塚の人気の演目である「エリザベート」の新人公演ではルドルフ役をこなして注目されるようになります。






2002年には雪組の2番手スターとなり、2006年に宙組に組替えしてトップスターに就任。お披露目公演は、得意とする日本物の「維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック」でした。

維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック <出典:www.amazon.co.jp>





2007年に宝塚歌劇団を退団しますが、その後も芸能活動を続け、映画やテレビドラマなど幅広く活躍し、2011年には芸能生活20周年を迎えました。







■貴城けいさんと言えば、やっぱり日本物


貴城けい 維新 <出典:bbkids.cocolog-nifty.com>


貴城けいさんが日本物の演目を得意としているのは、有名な話ですね。





雪組時代から「飛鳥夕映え-蘇我入鹿-/タカラヅカ絢爛II」といった日本物の舞台を踏み、トップスターとなってからも「維新回天・竜馬伝!-硬派・坂本龍馬III-/ザ・クラシック-I LOVE CHOPIN-」など日本物の舞台に次々と出演しています。






涼やかな姿は宝塚歌劇団の「清く正しく美しく」を体現しているといわれ、貴城けいさんの魅力となっています。





なお、スターとして尊敬されるばかりではなく、首をかしげる姿がチャーミングなので「かしげ・かしちゃん」といった、ちょっと変わった愛称でも親しまれていました。実に貴城けいさんらしい、たくさんの人に愛されていることが分かるエピソードですよね。






■退団後は多岐にわたって活躍、選んだのは日本物のパートナー



貴城けい 結婚 <出典:www.oricon.co.jp>





宝塚歌劇団退団後も活躍するトップスターはたくさんいます。貴城けいさんもその一人ですが、貴城けいさんの活躍はミュージカルやストリートプレイ、朗読劇、ショーといった舞台のほかに映画やテレビドラマ、そしてバラエティ番組など多岐にわたっています。






2013年に二代目市川月乃助と結婚し、2015年に挙式を上げています。やっぱり生涯の伴侶に選んだ人も、日本物なのでした(笑)

タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!